鉛雲

前日投稿した『桃色雲』からわずか1時間後の景色がコレ。

頭上の雲が溜まりに溜まって、だんだん濃厚になってきました。

日の出後、足元のトンボなんぞを撮影していましたが、次第に辺りが暗くなってきて、見上げた空がこんな感じに。

暗黒星雲が太陽を呑み込む勢いで急速に拡がりつつありました。

すぐに、もと居た場所まで戻って、ほぼ同じ構図でパシャリ。

雲の塊が上空一面にボコボコ、ゴツゴツ。

「こんな状態で朝焼けを迎えてたら、どんなになったかな」と、頭に描いて想像してましたが、垂れ込んでは重なる雲の迫力に次第に圧倒され、口をポカンと開けて佇むだけとなりました。

RVP100 AI Nikkor 35 f/2s NikonF5  8月11日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

桃色雲

緑炎

関連記事

  1. 蒼霧

    『夜明けの霧潟』の数分前の光景です。このような蒼の世界が拡がっていま…

  2. 夜明けの小舟

    夜明け前は特に好きだ。眺めるのはもちろん、読むのも好き。島崎…

  3. またも、土手下のエノコログサ

    2015年10月12日(祝)早朝 撮影またも、土手下のエノコログサ。…

  4. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  5. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  6. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  7. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  8. 冷たい朝

    RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面から冷…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。