鉛雲

前日投稿した『桃色雲』からわずか1時間後の景色がコレ。

頭上の雲が溜まりに溜まって、だんだん濃厚になってきました。

日の出後、足元のトンボなんぞを撮影していましたが、次第に辺りが暗くなってきて、見上げた空がこんな感じに。

暗黒星雲が太陽を呑み込む勢いで急速に拡がりつつありました。

すぐに、もと居た場所まで戻って、ほぼ同じ構図でパシャリ。

雲の塊が上空一面にボコボコ、ゴツゴツ。

「こんな状態で朝焼けを迎えてたら、どんなになったかな」と、頭に描いて想像してましたが、垂れ込んでは重なる雲の迫力に次第に圧倒され、口をポカンと開けて佇むだけとなりました。

RVP100 AI Nikkor 35 f/2s NikonF5  8月11日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

桃色雲

緑炎

関連記事

  1. 眠れたかい?

    エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。夜明けは冷え込んだから、この光…

  2. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

  3. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  4. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  5. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  6. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  7. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

  8. 蘇る記憶の光り/福島潟

    50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。