鉛雲

前日投稿した『桃色雲』からわずか1時間後の景色がコレ。

頭上の雲が溜まりに溜まって、だんだん濃厚になってきました。

日の出後、足元のトンボなんぞを撮影していましたが、次第に辺りが暗くなってきて、見上げた空がこんな感じに。

暗黒星雲が太陽を呑み込む勢いで急速に拡がりつつありました。

すぐに、もと居た場所まで戻って、ほぼ同じ構図でパシャリ。

雲の塊が上空一面にボコボコ、ゴツゴツ。

「こんな状態で朝焼けを迎えてたら、どんなになったかな」と、頭に描いて想像してましたが、垂れ込んでは重なる雲の迫力に次第に圧倒され、口をポカンと開けて佇むだけとなりました。

RVP100 AI Nikkor 35 f/2s NikonF5  8月11日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

桃色雲

緑炎

関連記事

  1. 蓮の葉の上で考える・雨蛙

    100TMX Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  2. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

  3. 冬の暁

    気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。正面ゲートから歩いて…

  4. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  5. そのまま・・動くなよ~

    陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。少…

  6. 寒~い福島潟

    2016年1月24日(日)撮影か? 雲間からの真っ赤な光芒を期待したが、厚い…

  7. シンメトリーな福島潟

    「8時半までに帰って来て」と奥様にキツく言われたので、8時には自宅に着いた。…

  8. 染まる田んぼ

    撮影の実際3年前の5月上旬に撮影しています。福島潟“竜巻ハウス”駐車場脇の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。