舞い上がったキアゲハ

 かなり傷ついているが、生きている。
思い出したように突然、翅を震わせ、逃れようとした。
よく見ると蜘蛛の糸が絡まっている。でも・・
・・・こんなに痛むまで、ここでもがいていたのだろうか。
 飛行機で例えるなら尾翼は欠落。主翼もスパッと裂けている。
飛翔中に野鳥の急襲に遇うも、辛うじて身をかわし、
ここ河川敷の草藪の中に不時着した・・
・・けれど体力の回復を待っている間に、蜘蛛が近づいて・・。
 それとも、ここまで十二分に生き抜いて、子孫も残し終え、
老いて、疲れ果てた末に、静かな死を迎えようとしていたのか。
オイラという予期せぬ邪魔者がやって来たものだから、
別な場所でその儀式をやり直そうと、もがきだしたのだろうか。
 つい手を出してしまった。
とまった枝先をグイッと持ち上げたら、ハラリと宙に浮いた。
グングン高く舞い上がる。弧を描いて舞い上がる。
風に吹かれるでなく、自らコントロールしながら舞い上がる。
 見えなくなるまで、目で追い続けたのでありました。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  7月下旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

澄まし顔のベニちゃん

桃色雲

関連記事

  1. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  2. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  3. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

  4. 冷え込む

     なんだか、急に冷え込んできた(期待している自分がいる)。昨晩は未明、窓枠が…

  5. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

  6. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  7. 遙かな福島潟

    写真は15年ほど前のもの・・と思われる。恥ずかしい話、ちょう…

  8. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。