舞い上がったキアゲハ

 かなり傷ついているが、生きている。
思い出したように突然、翅を震わせ、逃れようとした。
よく見ると蜘蛛の糸が絡まっている。でも・・
・・・こんなに痛むまで、ここでもがいていたのだろうか。
 飛行機で例えるなら尾翼は欠落。主翼もスパッと裂けている。
飛翔中に野鳥の急襲に遇うも、辛うじて身をかわし、
ここ河川敷の草藪の中に不時着した・・
・・けれど体力の回復を待っている間に、蜘蛛が近づいて・・。
 それとも、ここまで十二分に生き抜いて、子孫も残し終え、
老いて、疲れ果てた末に、静かな死を迎えようとしていたのか。
オイラという予期せぬ邪魔者がやって来たものだから、
別な場所でその儀式をやり直そうと、もがきだしたのだろうか。
 つい手を出してしまった。
とまった枝先をグイッと持ち上げたら、ハラリと宙に浮いた。
グングン高く舞い上がる。弧を描いて舞い上がる。
風に吹かれるでなく、自らコントロールしながら舞い上がる。
 見えなくなるまで、目で追い続けたのでありました。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  7月下旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

澄まし顔のベニちゃん

桃色雲

関連記事

  1. 草むらの中

    新潟市・福島潟 草むらを進むその一歩が葉陰の彼らを追い払っているようで立ち止…

  2. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  3. 染まる田んぼ

    撮影の実際3年前の5月上旬に撮影しています。福島潟“竜巻ハウス”駐車場脇の…

  4. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  5. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  6. 花になれ

     花になってくれ~、一輪の花、頼むからなってくれ~・・!オイラの想いが伝わっ…

  7. 緑の滑り台

     辺りがプワ~と明るくなったのに、草陰で滑り台遊びに興じるヤマトシジミ。ホン…

  8. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。