舞い上がったキアゲハ


かなり傷ついているが、生きている。

思い出したように突然、翅を震わせ、逃れようとした。

よく見ると蜘蛛の糸が絡まっている。

でも・・・・・こんなに痛むまで、ここでもがいていたのだろうか。

飛行機で例えるなら尾翼は欠落。主翼もスパッと裂けている。

飛翔中に野鳥の急襲に遇うも、辛うじて身をかわし、ここ河川敷の草藪の中に不時着した・・・・けれど体力の回復を待っている間に、蜘蛛が近づいて・・。

それとも、ここまで十二分に生き抜いて、子孫も残し終え、老いて、疲れ果てた末に、静かな死を迎えようとしていたのか。オイラという予期せぬ邪魔者がやって来たものだから、別な場所でその儀式をやり直そうと、もがきだしたのだろうか。

つい手を出してしまった。

とまった枝先をグイッと持ち上げたら、ハラリと宙に浮いた。

グングン高く舞い上がる。弧を描いて舞い上がる。

風に吹かれるでなく、自らコントロールしながら舞い上がる。

見えなくなるまで、目で追い続けたのでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  7月下旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

澄まし顔のベニちゃん

桃色雲

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明…

  3. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。その赤…

  4. 黄色い水仙と青空

    菜の花の黄色いじゅうたんが目を引くなか、岸辺にポツンな水仙を見つけた。空…

  5. アキアカネは夢の中・社長室でステテコの夢を見たワ…

    寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  6. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  7. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求…

  8. 福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販…

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。