染まる福島潟

新潟市・福島潟

二王子岳に遮られた雲が次第に折り重なる一方で、山の端はいつになく澄んで、山なみが浮かび上がって見えます。

雲間に垣間見た三日月はオブラートに包まれておぼろ月のようだし、願ってもない朝焼けが現れそうで年甲斐もなくドキドキした。

ある程度明るくなるまで、車の中で待機してれば良いものを早々に土手に上がり、足元の覚束ない中を、右に左に行ったり来たり。

その様子はまるで夢遊病者のように見えた事でしょう。

まあ、それだけワクワクするような条件が整ったと言うことです。

そうとなれば、対するこちらもそれなりの心構えが必要で、カメラの位置とか、高さとか、方向とか、角度とか、錆び付いた頭をフル回転させて、その時を迎えたのでありました。

さて、朝焼け・・・意図した通りに染まりはじめました。

・・きた!きた!・・

そのまま、グワ~ンと広がれ~・・

二王子の上空から、こちらにかけてジュワ~と加速してきます。

RVP100  AI Nikkor 35 /f2s  NikonF5  7月31日撮影

*数十カット撮影したが、掲載写真が一番見た目に近い色かな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤマユリ

薄明光線

関連記事

  1. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  2. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  3. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  4. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  5. 光芒

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f2.8s Nik…

  6. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  7. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  8. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。