染まる福島潟

新潟市・福島潟

二王子岳に遮られた雲が次第に折り重なる一方で、山の端はいつになく澄んで、山なみが浮かび上がって見えます。

雲間に垣間見た三日月はオブラートに包まれておぼろ月のようだし、願ってもない朝焼けが現れそうで年甲斐もなくドキドキした。

ある程度明るくなるまで、車の中で待機してれば良いものを早々に土手に上がり、足元の覚束ない中を、右に左に行ったり来たり。

その様子はまるで夢遊病者のように見えた事でしょう。

まあ、それだけワクワクするような条件が整ったと言うことです。

そうとなれば、対するこちらもそれなりの心構えが必要で、カメラの位置とか、高さとか、方向とか、角度とか、錆び付いた頭をフル回転させて、その時を迎えたのでありました。

さて、朝焼け・・・意図した通りに染まりはじめました。

・・きた!きた!・・

そのまま、グワ~ンと広がれ~・・

二王子の上空から、こちらにかけてジュワ~と加速してきます。

RVP100  AI Nikkor 35 /f2s  NikonF5  7月31日撮影

*数十カット撮影したが、掲載写真が一番見た目に近い色かな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤマユリ

薄明光線 有害な太陽光線が降り注いでいるんじゃないかってね

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明…

  3. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。その赤…

  4. 黄色い水仙と青空

    菜の花の黄色いじゅうたんが目を引くなか、岸辺にポツンな水仙を見つけた。空…

  5. アキアカネは夢の中・社長室でステテコの夢を見たワ…

    寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  6. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  7. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求…

  8. 福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販…

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。