ヤマユリ

阿賀町・たきがしら湿原

半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっかり様変わり。

湿原全体がオレンジに彩られ、かすかに淡い黄色が風に揺れ、草花の足元ではポツポツと鮮やかなピンクが目を引きました。

転じて、林の縁沿いに目を向けると生い茂った青草の中、白くて大ぶりの花束が異彩を放つほどの圧倒感で迫って見えます。

ヤマユリ・・・ちょうど見頃を迎えていました。

隈無く見渡すと、姿、形の際だった個体は藪の中に多いのですが、残念ながら立ち入り規制のロープが張られていて近づけません。

必然、撮れそうなポイントが限られてくるのでしょう。レンズを向けていると、背後で同じように佇む方も出てきます。

写真は真っ青な空が印象的で、ユリの白さと絡めてみたもの。

背景が空だけなら、たきがしらまで来る必要はないんじゃない?

ウ~ン・・・そう言われると、そうかも。ただ、目に見えない映像が一杯詰まってるんだな、これが。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  7月24日撮影

*撮影時は斜め下からレフで光を回している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

草むらの中

染まる福島潟

関連記事

  1. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  2. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。…

  3. 村の鎮守 トラフズク

    旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。町内の人達が静かに見守…

  4. 冬のメジロ

    過去写真 初掲載休日は女房そっちのけで野鳥撮影に没頭していた頃の写真…

  5. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わせが…

  6. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで…

  7. 花園ヨシゴイ

     藪の中を出たり入ったりしているうちに、トンネルが出来たのでしょうか。ちょう…

  8. カナヘビだよね

    阿賀町・たきがしら湿原カナヘビ・・だよな。シッポの部分が青黒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。