ヤマユリ

阿賀町・たきがしら湿原

半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっかり様変わり。

湿原全体がオレンジに彩られ、かすかに淡い黄色が風に揺れ、草花の足元ではポツポツと鮮やかなピンクが目を引きました。

転じて、林の縁沿いに目を向けると生い茂った青草の中、白くて大ぶりの花束が異彩を放つほどの圧倒感で迫って見えます。

ヤマユリ・・・ちょうど見頃を迎えていました。

隈無く見渡すと、姿、形の際だった個体は藪の中に多いのですが、残念ながら立ち入り規制のロープが張られていて近づけません。

必然、撮れそうなポイントが限られてくるのでしょう。レンズを向けていると、背後で同じように佇む方も出てきます。

写真は真っ青な空が印象的で、ユリの白さと絡めてみたもの。

背景が空だけなら、たきがしらまで来る必要はないんじゃない?

ウ~ン・・・そう言われると、そうかも。ただ、目に見えない映像が一杯詰まってるんだな、これが。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  7月24日撮影

*撮影時は斜め下からレフで光を回している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

草むらの中 オゼイトトンボがいたった・リバーサルフィルムRVP100

染まる福島潟

関連記事

  1. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    三角形。カタチからしてまるで戦闘機だ。これはスズメ蛾科の特徴であ…

  2. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  3. 赤谷のサル

    農家の所有する柿の木にサルがやってきた。映ってないがサルの視線の先に…

  4. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバ…

  5. 悪い癖

    陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥…

  6. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  7. チューリップ畑-2

    相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。春の気配なんて風雪で…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。