ヤマユリ

阿賀町・たきがしら湿原

半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっかり様変わり。

湿原全体がオレンジに彩られ、かすかに淡い黄色が風に揺れ、草花の足元ではポツポツと鮮やかなピンクが目を引きました。

転じて、林の縁沿いに目を向けると生い茂った青草の中、白くて大ぶりの花束が異彩を放つほどの圧倒感で迫って見えます。

ヤマユリ・・・ちょうど見頃を迎えていました。

隈無く見渡すと、姿、形の際だった個体は藪の中に多いのですが、残念ながら立ち入り規制のロープが張られていて近づけません。

必然、撮れそうなポイントが限られてくるのでしょう。レンズを向けていると、背後で同じように佇む方も出てきます。

写真は真っ青な空が印象的で、ユリの白さと絡めてみたもの。

背景が空だけなら、たきがしらまで来る必要はないんじゃない?

ウ~ン・・・そう言われると、そうかも。ただ、目に見えない映像が一杯詰まってるんだな、これが。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  7月24日撮影

*撮影時は斜め下からレフで光を回している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

草むらの中

染まる福島潟

関連記事

  1. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  2. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  3. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  4. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  5. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

  6. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  7. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  8. 海老反り・白花カタクリ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。