充電中のツバメシジミ

新潟市・福島潟
 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。
逆に、陰ってくると開いていた翅が徐々に閉じていくのです。
その様は太陽エネルギーの充電そのもので、観ていると実に面白い。
翅はまさにパラボラアンテナで、太陽の方向をしっかり捕らえている。
空を見上げ、太陽がそろそろ雲に隠れるな、翅が閉じるかな~
となって、目線を戻し観察していると、予想した動きをしてくれる。
「やっぱりね」、何だか自分が天才生物学者になった気分になる。
(単純な男である)
 写真はツバメシジミ。福島潟では多く観察されます。
小径に張り出した草の葉にとまってじっとしておりました。
縦、横の両方の構図で撮影したが、高さ感じるこちらをアップ。
とまっていた草木はなんだろうな。アワダチソウかもしれない。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 7月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キチョウ

モンシロチョウの交尾

関連記事

  1. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  2. 春霞のハンノキ

    2015年5月2日(土)撮影 春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきました…

  3. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

  4. 蘇る記憶の光り/福島潟

    50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。…

  5. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  6. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  7. 凍える朝

     前述の掲載写真に続き、レンズを替えてパシャリ。持っているレンズは単焦点のマ…

  8. タカアザミの花芽の下で

    タカアザミの花芽を毛布代わりに一夜を過ごしたモンシロチョウ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。