充電中のツバメシジミ

新潟市・福島潟
 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。
逆に、陰ってくると開いていた翅が徐々に閉じていくのです。
その様は太陽エネルギーの充電そのもので、観ていると実に面白い。
翅はまさにパラボラアンテナで、太陽の方向をしっかり捕らえている。
空を見上げ、太陽がそろそろ雲に隠れるな、翅が閉じるかな~
となって、目線を戻し観察していると、予想した動きをしてくれる。
「やっぱりね」、何だか自分が天才生物学者になった気分になる。
(単純な男である)
 写真はツバメシジミ。福島潟では多く観察されます。
小径に張り出した草の葉にとまってじっとしておりました。
縦、横の両方の構図で撮影したが、高さ感じるこちらをアップ。
とまっていた草木はなんだろうな。アワダチソウかもしれない。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 7月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キチョウ

モンシロチョウの交尾

関連記事

  1. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  2. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  3. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

  4. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  5. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  7. 一本の木

    霧氷でキラキラ見えたんだけどなぁ~・・ポジ原板自体もそんなに輝いてい…

  8. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。