充電中のツバメシジミ

新潟市・福島潟
 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。
逆に、陰ってくると開いていた翅が徐々に閉じていくのです。
その様は太陽エネルギーの充電そのもので、観ていると実に面白い。
翅はまさにパラボラアンテナで、太陽の方向をしっかり捕らえている。
空を見上げ、太陽がそろそろ雲に隠れるな、翅が閉じるかな~
となって、目線を戻し観察していると、予想した動きをしてくれる。
「やっぱりね」、何だか自分が天才生物学者になった気分になる。
(単純な男である)
 写真はツバメシジミ。福島潟では多く観察されます。
小径に張り出した草の葉にとまってじっとしておりました。
縦、横の両方の構図で撮影したが、高さ感じるこちらをアップ。
とまっていた草木はなんだろうな。アワダチソウかもしれない。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 7月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キチョウ

モンシロチョウの交尾

関連記事

  1. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  2. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  3. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  4. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  5. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  6. それぞれの福島潟

    人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみ…

  7. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  8. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。