Catch・カワセミ

 梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。
狙う相手はカワセミで、それなりに考えた距離からの撮影でしたが
サギなどの大型の鳥がやって来て、ファインダーに顔が映ったりすると
「けっこう厳つい顔つきだな」なんて思ったのを記憶している。
 カワセミはしょっちゅう現れてくれましたが、こちらの腕が未熟で
ピントを合わせる前に飛んでいったり、あわせてもピンぼけなどの
駄目写真を量産する結果になった。全部でフィルム10本程度撮ったと思うが
かろうじて見せられる写真は5,6カットぐらい。
それも、“絵”としてではなく、ピントが合っている・・ただそれだけ
だからよそ様に見せることも無く、そのまま放置してしまった。
 それから数十年、たぶん20年以上の歳月が経過し、過去のしがらみなどが
徐々に消えてきたせいか、このまま腐ってドブに捨てる前にせめて
自身の記録の証にと思い掲載してみた。
 写真はFB版で使用したポジと同じスキャン画像であるが、WordPress版の
映像の方がノイズが発生していない。観るならコチラがいいかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

発射台・カノコガ

鳥屋野潟・日の出

関連記事

  1. 静心なく 花の散るらむ

    かれこれ数十年も見続けている藪椿か。いや、「見続けている」と言うと大…

  2. 朝の空気

     写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。意味は分かる。…

  3. 野菜屑とホオズキ

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  4. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  5. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  6. カナヘビだよね

    阿賀町・たきがしら湿原カナヘビ・・だよな。シッポの部分が青黒…

  7. 埠頭・新潟東港

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3…

  8. 水玉とキイトトンボ

    近づいてしゃがみ込むと、ポワ~と浮かび上がる。宙をゆっくり移動しながら、“着…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。