からまる

 朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。
「なにがなんでも生きてやる」「どうしても伸びてやる」
「生き抜くためには何でも利用してやる」
・・・のぞき見して、そう感じたのは自身の脆さの表れか。
 小径の際、葦の葉が朝陽を浴びてキラキラと輝いています。
朝露なのか自ら吐き出した滴なのかはわかりませんが
その葉にツルがそんな意思でもって絡みついていたような。
何か、たくましい生命力を感じ、写真にしてみました。
 ツル・・その先端はモノが見えるのだろうか。
触手のような役目をした器官が備わっているのだろうか。
一度触れたら、記憶されそれを覚えているのだろうか。
とりとめもない事をしばらく考えてはパシャリそしてパシャリ。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  2016/05/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟・水鏡

発射台・カノコガ

関連記事

  1. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  2. 日の出の船着き場

    この写真、12月4日日曜日に撮影した福島潟、船着き場の風景。午前7時頃の様子…

  3. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  4. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  5. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  6. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

  7. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  8. 日の出光線

    久しぶりの福島潟。西側に位置する「遊潟広場」駐車場は轍が沢山あった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。