からまる

朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。

「なにがなんでも生きてやる」

「どうしても伸びてやる」

「生き抜くためには何でも利用してやる」

・・・のぞき見して、そう感じたのは自身の脆さの表れか。

小径の際、葦の葉が朝陽を浴びてキラキラと輝いています。朝露なのか自ら吐き出した滴なのかはわかりませんがその葉にツルがそんな意思でもって絡みついていたような。

何か、たくましい生命力を感じ、写真にしてみました。

ツル・・その先端はモノが見えるのだろうか。触手のような役目をした器官が備わっているのだろうか。一度触れたら、記憶されそれを覚えているのだろうか。

とりとめもない事をしばらく考えてはパシャリそしてパシャリ。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  2016/05/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟・水鏡

発射台・カノコガ

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 蜘蛛の水玉

     霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、形あるものの表面は…

  3. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  4. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  5. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  6. とにかくかわいい紋白蝶

    朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く紅く染まらず。足元の蝶々でも…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋のあ…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。