からまる

朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。

「なにがなんでも生きてやる」

「どうしても伸びてやる」

「生き抜くためには何でも利用してやる」

・・・のぞき見して、そう感じたのは自身の脆さの表れか。

小径の際、葦の葉が朝陽を浴びてキラキラと輝いています。朝露なのか自ら吐き出した滴なのかはわかりませんがその葉にツルがそんな意思でもって絡みついていたような。

何か、たくましい生命力を感じ、写真にしてみました。

ツル・・その先端はモノが見えるのだろうか。触手のような役目をした器官が備わっているのだろうか。一度触れたら、記憶されそれを覚えているのだろうか。

とりとめもない事をしばらく考えてはパシャリそしてパシャリ。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  2016/05/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟・水鏡

発射台・カノコガ

関連記事

  1. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

  2. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  3. 意地悪な雲・福島潟

    上層雲のウロコ雲なのか、中層雲のヒツジ雲なのか、どっちでもよいのですが、あと…

  4. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  5. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  6. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. 今季一番の冷え込み、氷紋を撮る

    5時過ぎに福島潟に到着。車から出た瞬間「何、この寒さ!」さっ…

  8. 靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

    2016年3月5日(土)撮影 真夜中に目が覚めてしまいました。外に出て空を仰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。