鳥達の声、響き渡る福島潟

前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。

風は無く、凪いだ湖面が広がってます。靄が少し沸いていたかな。

変わったところと言えば、ヒシが拡がりつつあることと、野焼き後に芽生えた葦がいよいよ蒼く逞しく見えたことでしょうか。

あっ・・それとてっぺんからのヒバリのビリビリ音と、水面を舐めるように響き渡るオオヨシキリの声する声が、体の皮膚という皮膚から染みこんでくるほどでした。

コンサートホールの客席に座っている・・あんな感覚かな。

ゴム長靴を履いておらず、短靴の中はグッチョグチョ。

それを気にしながら、土手を右に左に動いては構図探し。

そうこうしているうちに雲を赤く染めて太陽が昇ってきました。

あたたかく、穏やかな潟の一日が始まります。

RVP100 AI Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蓮墓標

清まし顔の黄花かな

関連記事

  1. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  2. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  3. からまる

    朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。「なにがな…

  4. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  5. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  7. 一本の木

    霧氷でキラキラ見えたんだけどなぁ~・・ポジ原板自体もそんなに輝いてい…

  8. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。