ヨシキリの声と朝焼けと

4時前には現地についていたけど激しく眠いし、加えて何故か過去一週間の仕事を思いだしては車の中でああでもない、こうでもないと自問自答していた。

その車の中から、思いだしたように北東の方角を見てみると・・・

「あらら~、朝焼けが始まってるじゃありませんか」

一気に目が覚めてしまって、血圧もあがってしまった。

「仕事の事なんか、どうでもいいもんね~、休日だし」と、すぐさまゴム長靴に履き替えたのですが、これには焦りました。

急いてばかりで思うように履けないのです。

かかった時間を取り戻そうと暗い土手を息を切らせて駆け上がりました。

葦原からはヨシキリの声が遠く、近く聞こえてきます。

土手下ではカワセミガ水面スレスレに直線上に飛んでいく。

一瞬にして別世界に入り込んだような気分になりました。

福島潟がゆっくりと染まり始めていきます。 (5月15日撮影)

RVP100 AI Nikkor 35/f2s NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マムシソウ

釣り糸かムチか、あのビロ~ンは一体・・

関連記事

  1. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  2. 霧の船着き場

     「船着き場」、「桟橋」・・どちらを選ぼうか迷ったが、大和言葉が使われた「船…

  3. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  4. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  5. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  6. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  7. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  8. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。