釣り糸かムチか、あのビロ~ンは一体・・

浦島太郎の釣り竿から伸びた釣り糸か、それともムチとみるか。

名前の由来からして“釣り糸”と思う方が問題なさそう。

“ムチ”だと、どうしてもアチラ側の世界を想像してしまうし・・。

そんなこと考えながらファインダーを覗いては、光が弱い、背景がうるさい、三脚が大きすぎ、蚊が多い・・となり、結局午前と午後の二回にわけて撮影することとなった。

さて、現像が上がったものをチェックしてみると・・

アララ!午前の陽の射さない中での撮影は「青かぶり」。

画面全体が緑側に強く発色してしまった。

午後の陽の射した中では赤味を帯びた発色で、輪郭のエッジも強すぎた。

フィルムの特性にもよるけど、なんでこんなになったかな?

掲載写真は「青かぶり」のもの。スキャン時も調整無し。

ウラシマソウ・・だよ。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

2016年5月8日撮影  新潟市『鳥屋野逆さ竹の藪』にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヨシキリの声と朝焼けと

蓮墓標

関連記事

  1. 駅前楽天地で女の匂い

    アクロス100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 NikonF3…

  2. 三角な光と秋の空

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron 40…

  3. 昔の炊事場

    光の乏しい室内で手持ち撮影してみた。f2.8解放、1/20秒、ISO…

  4. 浜猫・小屋番する猫

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  5. モンブランとお坊さん

    街中を歩くなんて昨年までの僕には考えられないこと。人混みが嫌い、車の…

  6. ”グローリー・モーニング”

    2015年5月26日(火)撮影「バ~ラが咲いた♪ バ~ラが咲…

  7. 柳都大橋で陽を浴びる

    Kodak T-MAX100 cosina voigtlander ultr…

  8. 冬枯れの河川敷

    父が死んだ。昨年12月に突然倒れて、病院に緊急入院。退院後の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。