階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5

「かるたの講習会に参加したい」という娘を連れて昼間は三条にいた。

会場に着くと、「あと帰り、ヨロシク!」と言い残し階段を駆けていく娘。

セブン・イレブンで買い求めた100円コーヒーをチューチュー飲みながら娘の後ろ姿を半ば呆然と見つめ続ける私(俺は単なるアッシーか・・)。

その時でしょうか、視界の隅で後ろ姿が小刻みに震えている女性の姿が。振り返ったその人、娘と同じ同好会所属の大先輩のお方でした。

「ごめんなさいね~ ちょっとおかしくて笑ってしまいました」

「年頃ですからね~ 大丈夫ですよ 心配なさらなくても」

(・・・別に心配はしてないし・・予定は組んであるもんね)

と言うわけで、保内の植物園にやって来た。

久しぶりに見る公園は・・こんなに広かったっけ・・?

案内板を見ると裏山が周遊ハイキングコースになってるみたい。

早速、カメラと三脚を持って登ってきました。

森の中は春の渡り鳥たちのさえずりで満ちあふれていて、クロツグミ?、キビタキ、それにサンショウクイのあの独特なさえずりが頭上から降り注いできて夢のようなひとときでした。

それから、セミの声を初めて聞きました。

アブラゼミやミンミンゼミとは違いますが、確かにセミでしたね。

その帰り道に目にしたのが、地中から突き出たタケノコ。

何度も行き来し踏み固められた地面が所々盛り上がっています。

それもうまそうなものばかりが、至る所に散らばっていました。

ちなみに、皮がまだ付いる状態で約10日の期間を「筍」と呼ぶそうな・・?

頭から離れなかった娘の姿でしたが、この時は忘れておりました。

最初は45度ぐらいの高さから、そのまま視線を下げていき、腹這いになったところで何度もシャッターをきる。

  5月3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記

かたつむり・・久しぶり

関連記事

  1. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。