何じゃこりゃ その名は「オニフスベ」

明け方まで雨が降る。気温20度、朝晩は涼しくなった。6時頃に雨があがり午後に急速に回復。青空が広がってきた。

鳥屋野公園へ行く。

メイン園路の突きあたり、左側の林の中、ムラサキシキブ、シロシキブの実の成り具合を観察していて藪の中に白い塊を発見。

「忘れ物のバレーボール?」

違うみたい、キノコの一種だ。表面はまるで発砲スチロール。所々、ライターの火で溶かしたようなクレーターあり。

這いつくばって球体を手前に、背景の樹木をぼかしてみた。

画面一杯に入れようと広角レンズを近づけると泥と綿飴を混ぜたようなヘンテコなにおい。よく見ると、表面が腐食している。かなり前からあったのだろう。

家に帰り図鑑で調べて「オニフスベ」と判明。

来年、再挑戦したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

すじ雲染まるビッグスワン

赤銅色の朝焼け

関連記事

  1. 雪崩れるビッグスワン

     起きたら白くなっている。出勤が大変と感じるよりも、なぜか嬉しい。たぶんすぐ…

  2. 燃える鳥屋野潟

    写真は10月3日月曜の鳥屋野潟の朝焼けを撮ったもの。4月中旬から再開…

  3. 燃える水面

    今朝の鳥屋野潟は戸惑いましたぁ~。地上近くに雲の帯が真北から東にかけ、…

  4. みなも輝く一本道

    新潟市・鳥屋野潟「みなも」と、読んで欲しいので「ひらがな表記…

  5. 鳥屋野潟は朱色潟

    鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午…

  6. モンシロチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影雲行きが怪しくなって、風が出てきた。…

  7. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  8. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。