グラスウォールの虹と通行人

gr3x

ガラス張りの壁を通り過ぎて立ち止まった。「たしか・・虹が見えたような」。そちらへ振り返った。朝陽を集めて一部分が眩しいだけ。数歩下がって壁を斜めから覗き込んだ。虹が見える。

ポスター表面の素材が作用してるようだ(見る角度もね)。

しばらくそこに立って通行人がやって来るのを待った。もちろん、何食わぬ顔で。で、通行人がやって来るとグラスウォールに向いてカメラを構える。それを何回か繰り返した。

5日・午前7時頃

どうするGRバック

ズボンのポケットに入れて、オッときたらサッと取り出す・・GRをこんな風に持ち歩いている人がいると聞くが、俺にはできない。カメラがケツ圧で壊れてしまいそうで。

でも「オッとサッ」とやりたい。

やはりINDUSTRIAのGR専用バックは手放せないのか。

僕はずっとコレを使っている。ただ気に入らない。ちゃっちいのだ。安物の弁当箱みたいだし、ハンドストラップがバックの中からダラ~ンと垂れ下がってしまう。

時々お気に入りのウエストバックにGRを詰めて撮影してる。GRは2台。ともにスオーノのポーチに包んでバックに入れてる。これだと「オッとサッ」が出来ないけど。

こんな動きになるのね・・

ウエストバックを身体の取り出しやすい位置にずらす⇒バックのジッパーを注意しながら開ける(こぼれ落ちやしないか心配)⇒任意のGRを取り出す⇒スオーノのポーチから取り出す⇒ポーチをしまう⇒ウエストバックのジッパーを閉める⇒ウエストバックを担ぎ直す⇒撮影対象へ

一方INDUSTRIAでは・・襷掛けしてるバックのフラップを開ける⇒任意のGRを取り出す⇒撮影対象へ  これだけでいいのよ。バックは気に入らないんだけど、実に軽快!

さぁ、どっちとるかだな。これを2年ほど悩んでいる。

  • follow us in feedly

巨人と松屋から出てきた男

遠い記憶・路地を抜ければ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP