人知れず咲く花の名は?・マジに清楚な姿に感動したよ

2016年4月上旬撮影 関川村鷹巣

杉木立、朽ち枯れた枝が一面に敷き詰められ、足が引っ掛かってしまう。

進むその足を持ち上げる度、枝が重く絡みついてくるのです。

また、踏み込む一足ごとに染みこんだ水がジュワ~と頭をもたげてきます。

そんな中、唯一明るい林床でご覧の野草がひっそりと咲いてます。

カタバミ科のミヤマカタバミでしょうか?

それとも、キンポウゲ科の仲間?よく分からないけど、花びらの開き加減が控えめで清楚な感じがしました。

顔を地面に押しつけ、杉の枝をカメラのクッションにし陽の光が少し弱まって、柔らかくなった頃合いにパシャリ。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

白花カタクリ・2,3メートル四方に数株あり、これは偶然か?

春花火・Sprinng has come!花のように弾けろ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む