粗目雪とふきのとう

2016年3月中旬撮影
 午後、約1年ぶりに関川村鷹巣キャンプ場にやって来ました。
この日は汗ばむほどの陽気で、上着を1枚脱いでも十分なくらい。
林の中から見上げる空は真っ青。この部分だけ見れば「東北の春」
なんていうイメージとはほど遠い感じがします。
 でも、足元はヒンヤリ。山陰や林床はまだ雪が残ってました。
樹木の周りが溶け出す「根開け」は遠くから見るとパッチワーク
見たいです。時折、林の中をひんやりした風が吹き抜けていきます。
 ふきのとう、出てます!この時点でちょうどいい大きさかな。
至る所にありますが、キクザキイチゲはまだなようです。
カタクリは残雪を破って葉が覗いている・・・なんてイメージ
してましたが、これは、さらにまだなようです(この時点だよ)
 雪解け水の流れを背景にふきのとうを撮影。
土壌が浸食され、残り雪が崩れ落ちたのか、所々、ザラメ雪を
被ったふきのとうを見つけました。その中から、背景にせせらぎの
キラキラ・・が映り込む位置は・・・。
 そんな感じで撮りましたが、レンズの絞りを「解放」にしなかった。
角張ったボケが妙に目立ってしまった。
 RVP100  105㍉  NikonF5    関川村鷹巣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

子供の声と蕗の薹

関連記事

  1. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミですよ」私「も…

  2. 母校の桜を見上げてみた

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市…

  3. ショウジョウ三姉妹

    撮影の実際新発田市・本田小学校近くにある「坊住池(ぼうじゅういけ)」…

  4. バカマの素顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング …

  5. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  6. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  7. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  8. 月の山のカメムシ

    胎内市・白鳥公園 森敦の小説『月山』、舞台となる鶴岡市の山懐深く注連寺の庫裡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。