三脚なしで接写撮影してみた・Ricoh gr3x

gr3x(71㎜ crop)

日曜の昼下がりに鳥屋野潟公園をカメラ片手にブラ散歩。

流れのエリアまで来るとアキアカネがブンブン飛び交っていた。杭にとまったり名前の知らない植物の実にとまったりしているヤツもいる。試しに近づいてみたら結構な距離まで寄れるのね。

生憎三脚もってないのよ、でもポチりたいのだ。

半信半疑でトライしてみた、三脚なしでね。

撮っては画像を確認した・・やはりブレやピンボケのオンパレードだ。

緑色の合点マークが点灯しても、そのあとに体が前後に動いていればピントは甘くなるし、手振れ補正機能だって限界がある。じゃぁ・・合点したと同時にポチればどうなんだろう。

それで、合点後すぐにポチることにした。

また、腰横にカメラを押し付けてるスタイルで撮影してる。

功を奏したようだ。写真はそれで撮った。

ただし、GRには被写体の動きに追随してピントを追うモードも搭載してる。今になって思うが、コレを使用してればどんなになったのか・・って思うことがあるのです。

1日・鳥屋野潟公園

  • follow us in feedly

太陽の目とエノコログサの眉毛・Ricoh gr3x

カツラの葉 同化し消滅する生命体へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む