ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

 ネコヤナギが雌雄異株だなんて初めて知ったみたい。
今日までオイラにとってはどうでも良かったんだろうな。
春を感じるバロメーターだけど、それ以外に何も感じなかった。
 スポーツ公園長潟の森、岸辺付近にワサワサある。
正式に表現すれば「ワサワサあった」だろうか。
撮影時期を待っていた間にだんだんなくなった。
根元からボキッと折られたヤツがやたら目につくようになったし。
人間の生活空間の中にある都市型公園が抱えるジレンマでしょか。
 それはそうと、ネコヤナギの芽に付いた殻が爪に見えてきます。
撮影時はさほど注意なんかしてなく、濡れた猫の毛に見える輪郭に
ピントを合わせていたのに、今こうしてみると爪に目がいってしまう。
もっとレンズを絞り込んでピントの合う範囲を稼げばよかった・・
・・・なんて思ってしまう。(斜め下からレフで光を当てている)
 RVP100 105ミリ NikonF5   2016年2月末撮影

 ~本日のおはなし~
 県庁近くの路上で右折待ちしていたところ、カラスが何かを落としてきた。
それもフロントガラスに当たり、そのままワイパーの水受け部分に挟まった。
ハンドルを左右にきるたびコロコロと転がっているのが音で分かったから
家について確かめてみたらなんと立派なクルミ。
 カラスの奴、道路にクルミを落とし、オイラの車のタイヤでそれを
踏ませて、実を出そうと試みたのだろうが、ハハハ・・バカめ。
 もっとも、おいらの車でないにしても、やり方はそうに違いない。
それにしても最初は焦ったな。今、ボケ防止にクルクル回している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ユズリハとヒヨドリ

靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

関連記事

  1. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  2. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  3. 蝶の時間

     『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

  4. 東雲色の鳥屋野潟

    2015年5月1日(金)撮影 上沼橋4時過ぎ到着。雲はありませんが、春特有の…

  5. 冬の落ち葉

    吹雪いた翌朝、鳥屋野公園に出掛けました。積雪で30センチ近くありま…

  6. ネコの“指先”

     「そう言えばあのネコヤナギ、どうしちゃったんでしょうね・・」 「母さん、…

  7. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

  8. コバンソウの素顔

    朝陽に透けるコバンソウの実を撮ってみた。花が付いている個体を探したが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。