足跡

 手足、耳もピリピリ。
早く撮影を切り上げたいほどの寒さになった。
シャッターを切るのに手袋を外すのが億劫だし
ファインダーを覗けばカメラボディーにかかった鼻息が水滴に。
それも半端でない。マスクしてても付着する。
 そんなわけで早々に切り上げた道すがら目にしたのがカモの足跡。
結構ビッシリと、しかもクッキリ残っている。
おまけに周りの樹木は枝という枝が白い針金に見える。
一応、霧氷というやつだろうか。
 RVP100 85㍉ NikonF5   福島潟/2012・2月
 Facebookページと連携してません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜が割れていく

ハラビロカマキリ

関連記事

  1. ダイヤをまとったナンキンハゼ

    新潟では珍しいくらいの快晴になった。東京で暮らしていた頃のような真っ…

  2. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  3. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  4. 逆光にキラリ・蝶の名は?

    草藪の中、ツユクサにまとわりついていたタテハの仲間をパシャリ。…

  5. 冬枯れの福島潟

    2015年12月20日(日)撮影 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌…

  6. 冷たい朝

    RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面から冷…

  7. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  8. 蘇る記憶の光り/福島潟

    50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。