足跡

 手足、耳もピリピリ。
早く撮影を切り上げたいほどの寒さになった。
シャッターを切るのに手袋を外すのが億劫だし
ファインダーを覗けばカメラボディーにかかった鼻息が水滴に。
それも半端でない。マスクしてても付着する。
 そんなわけで早々に切り上げた道すがら目にしたのがカモの足跡。
結構ビッシリと、しかもクッキリ残っている。
おまけに周りの樹木は枝という枝が白い針金に見える。
一応、霧氷というやつだろうか。
 RVP100 85㍉ NikonF5   福島潟/2012・2月
 Facebookページと連携してません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜が割れていく

ハラビロカマキリ

関連記事

  1. 黄金色の朝

    写真の実際写真は4月15日午前6時頃福島潟、遊潟広場側から撮影している。…

  2. 霧の中のハンノキ その2

     さらに霧のハンノキをもう1枚。前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで…

  3. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

  4. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  5. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  6. 霧の木

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  7. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  8. 福島潟は霧のなか

    今日27日、市内は午後から暖かな陽射しが降り注いでいました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。