雪肌

吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。

それまで視界の効かなかった雪面が眩しく、顔を背けたが、目が慣れ、もう一度見やるとそこには清楚な雪の肌。

からだの老廃物が次第に浄化されていくのを感じながら段階露出で撮り重ねていく。

リバーサルフィルムRVP NikonF5 レンズは思い出せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青い背中

大輪菊 厚もの

関連記事

  1. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  2. 生活圏・半径20㍍以内

    RICOH gr3ミニトマト収穫中の母座って、腕の伸ばせる範囲で熟し…

  3. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

  4. 水芭蕉

    杉木立の中、林床の枝葉の隙間から顔を出した水芭蕉。どれも小ぶりでシミひとつな…

  5. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

  6. ハルジオンにヤブキリ?

    花は間違いなくハルジオンだ。花弁が細くごちゃついているし、蕾も下を向いている…

  7. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  8. タマゴな水芭蕉

    撮影の実際汚れがない。清楚でドキッ。若さにクラッ。アンタみたいな心に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。