雪肌

吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。

それまで視界の効かなかった雪面が眩しく、顔を背けたが、目が慣れ、もう一度見やるとそこには清楚な雪の肌。

からだの老廃物が次第に浄化されていくのを感じながら段階露出で撮り重ねていく。

リバーサルフィルムRVP NikonF5 レンズは思い出せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青い背中

大輪菊 厚もの

関連記事

  1. カブトムシ屍

    これも現実なのですね。サンダル履きで出掛けられる公園内でもこ…

  2. 四頭身美人

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  3. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  4. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

  5. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

    やばい、はやい、こわい!どんだけ地面から突き出ているんだろう?とその成長を…

  6. カタクリ

    午後の柔らかな陽を浴びて、花びらが反り返ったカタクリ。カタクリは芽が出てか…

  7. 清楚な佇まい・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。