雪肌

吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。

それまで視界の効かなかった雪面が眩しく、顔を背けたが、目が慣れ、もう一度見やるとそこには清楚な雪の肌。

からだの老廃物が次第に浄化されていくのを感じながら段階露出で撮り重ねていく。

リバーサルフィルムRVP NikonF5 レンズは思い出せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青い背中

大輪菊 厚もの

関連記事

  1. 出会いは突然に

    まさかの登場にドッキドキになった。こういう出会いは体に良くない。…

  2. モリアオガエル?

    これって・・モリアオガエル?一般的な雨蛙と比べると二倍以上デカい。そ…

  3. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  4. カタクリ終い花

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  5. カナヘビだよね

    阿賀町・たきがしら湿原カナヘビ・・だよな。シッポの部分が青黒…

  6. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

  7. すぐそこにある春

    写真は3月25日午前10時頃、関川村・鷹巣で撮影したもの。こ…

  8. 桜葉を抱いた菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。