大輪菊

 「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」
そんな気ないし、聞いてもいないのに、近づいただけで
こっぴどく叱られた。「夜中、照明当てて何やってんだ?」と
トイレに起きたついで、興味本位に覗いただけなのに。
 菊を眺めると、今でも子供の頃を想い出す。
その菊が今年も咲いた。親父の菊。
 展覧会場にて撮影。背後の“千輪作り”は別人のもの。
 過去写真 初掲載    *この時期ではないからね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

チューリップ畑

青い背中

関連記事

  1. ナガハシスミレ

    花を愛でていると心が豊かになっていく。心が洗われる。歳を重ねるにつれ、寄り…

  2. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  3. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  4. 蓮 夏の朝

     夏の瓢湖は蓮のピンクが緑の葉に映えて美しい。遠く蒼い五頭(ごず)連峰の真上…

  5. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

  6. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  7. オイラも撮ってケロ!

    2016年4月下旬の撮影林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮…

  8. 命を紡ぐ大輪寺の菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。