大輪菊

 「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」
そんな気ないし、聞いてもいないのに、近づいただけで
こっぴどく叱られた。「夜中、照明当てて何やってんだ?」と
トイレに起きたついで、興味本位に覗いただけなのに。
 菊を眺めると、今でも子供の頃を想い出す。
その菊が今年も咲いた。親父の菊。
 展覧会場にて撮影。背後の“千輪作り”は別人のもの。
 過去写真 初掲載    *この時期ではないからね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

チューリップ畑

青い背中

関連記事

  1. カブトムシ屍

    これも現実なのですね。サンダル履きで出掛けられる公園内でもこ…

  2. 四頭身美人

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  3. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  4. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

  5. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

    やばい、はやい、こわい!どんだけ地面から突き出ているんだろう?とその成長を…

  6. カタクリ

    午後の柔らかな陽を浴びて、花びらが反り返ったカタクリ。カタクリは芽が出てか…

  7. 清楚な佇まい・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。