初冬の福島潟にて

この記事は1分で読めます

 福島潟5時40分着。 6時になっても暗い。
風はさほどなく寒さを感じない。 西の空、ポツンと星が一つ。あれは何だろう。
小学校の授業で絶対に習っているはずなのに、解ろうとしない私。
 まあ、いい。湖畔はまだ誰もいません。岸辺を怖い顔して行ったり来たり。
正面、捕獲網のある小屋を配して撮影することにしました。 
朱色を強調するため露出は出目に対し-1。
 暫くすると右後ろからボートがやってきた。 絶好の被写体。
ボートが通過するだろう位置を予想し構図を決めておく。
が、しかし、露出はそのままだった!
太陽の光線がまぶしく、そのままの露出ではアンダー間違いない。
かと言ってオーバー過ぎると早朝のイメージがなくなってしまう。
結果、ボートの識別が困難になった。言わなければボートがあるとは判らない。
 明後日からとんでもなく気温が下がるらしい。冬がやってくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2019.10.10

    ぺたんこ蛙
  2. ReversalFilm NikonF3 

    2019.10.05

    夜明けの炎雲
  3. 2019.10.26

    秋色 枯草色
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。