初冬の福島潟にて

 福島潟5時40分着。 6時になっても暗い。
風はさほどなく寒さを感じない。 西の空、ポツンと星が一つ。あれは何だろう。
小学校の授業で絶対に習っているはずなのに、解ろうとしない私。
 まあ、いい。湖畔はまだ誰もいません。岸辺を怖い顔して行ったり来たり。
正面、捕獲網のある小屋を配して撮影することにしました。 
朱色を強調するため露出は出目に対し-1。
 暫くすると右後ろからボートがやってきた。 絶好の被写体。
ボートが通過するだろう位置を予想し構図を決めておく。
が、しかし、露出はそのままだった!
太陽の光線がまぶしく、そのままの露出ではアンダー間違いない。
かと言ってオーバー過ぎると早朝のイメージがなくなってしまう。
結果、ボートの識別が困難になった。言わなければボートがあるとは判らない。
 明後日からとんでもなく気温が下がるらしい。冬がやってくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

枯草色と赤朽葉

冬の落ち葉

関連記事

  1. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  2. 朝陽沸く

    退院3日目。点滴針を刺していた右肘内側の皮膚が赤く腫れて痛い。触ると熱を帯び…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. 冬野

    夜明け前に駐車場に着いていながら「早すぎたかな ちょこっと目をつむろ…

  5. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  6. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  7. ツバメシジミ

    この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような…

  8. 鉛雲

    前日投稿した『桃色雲』からわずか1時間後の景色がコレ。頭上の雲が溜まりに溜…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。