気まぐれな黄連雀

「ヤドリギの実を好む」とどこかの本に書いてあったが、これまでヤドリギにやって来た彼らを目撃したことがない。

「年によって出現率が変動する」とも書かれてあるが、これはオイラもその通りと思っている。

エサとなる樹木の実の成り具合で渡るルートが変わるのだろうか。

とにかく見たいときに見れない不思議な野鳥だ。

写真はロウバイ?の木に止まった黄レンジャク。

一羽しか写ってないが数十羽の群れを形成していた。独特のチリチリ音はよく響く。

RVP 600㎜ NikonF3 過去写真 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サンカヨウの花

静かな夜明け

関連記事

  1. やって来たのは・・亀だった

    林の縁がユサッと揺れた。視線を注入し、更に露出した肌をアンテナにして、事…

  2. ジャノメチョウ♂

    寝苦しい夜でもないのに、嫌な夢を見続けていたようです。ちょうど北朝鮮がIC…

  3. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  4. 大輪菊 厚もの

    「どうせなら綺麗に撮ってやれや~」親父を知る関係者が鉢物をすだれの前に持っ…

  5. ヒオドシチョウ・何でだろ~

    阿賀町・たきがしら湿原 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま…

  6. ホオズキ・鬼灯

    ホオズキは漢字で鬼灯と書く。お盆の時期に仏前やお墓に備えるの…

  7. 緑の血潮

    阿賀町・たきがしら湿原♬・・手のひらを太陽に すかしてみればまっかに流れ…

  8. 雪肌

     吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が眩しく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。