気まぐれな黄連雀

「ヤドリギの実を好む」とどこかの本に書いてあったが、これまでヤドリギにやって来た彼らを目撃したことがない。

「年によって出現率が変動する」とも書かれてあるが、これはオイラもその通りと思っている。

エサとなる樹木の実の成り具合で渡るルートが変わるのだろうか。

とにかく見たいときに見れない不思議な野鳥だ。

写真はロウバイ?の木に止まった黄レンジャク。

一羽しか写ってないが数十羽の群れを形成していた。独特のチリチリ音はよく響く。

RVP 600㎜ NikonF3 過去写真 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サンカヨウの花

静かな夜明け

関連記事

  1. 賢者フクロウの赤ちゃん

    フクロウの赤ちゃんだ。夕闇迫る公園の林道脇にお地蔵さんのよう…

  2. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  3. 悪い癖

     陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥が…

  4. ヤマユリ

    阿賀町・たきがしら湿原半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっか…

  5. 開花後のカタクリ

    2012年4月24日 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あ…

  6. ツルシギ冬羽

    野鳥達の春の渡りシーズン真っ盛りだ。街中で普段聞いたことが無いような…

  7. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. ユズリハとヒヨドリ

    ユズリハは冬の野鳥たちにとって、願ってもないシェルターでしょう。あら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。