飛び立つ白鳥

晴れた朝、気温が下がり、霧が出始めた中、

朝陽が一面に差し込んできて、鳴き交わし始める白鳥たち。

しきりに首を上下させながら互いの距離を縮めていく。

そのうち首の上下がシンクロしてきて、ハイ、出発!

思いっきり体を反って、羽根を目一杯に拡げ助走開始。

駈けていく直線上にいるカモたちはタイミング良く

水中に潜って衝突を回避しているが、中には脚で頭をふまれるもの、

羽根で体をピシャリとやられるものもいる。

過去写真 初掲載   新潟県旧水原町瓢湖にて

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ビッグスワンXmas・version/UFO

月・日・星・ホイホイホイ

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  3. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

  4. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

  5. 夏の夕暮れ時

    14日、夕暮れ時と言っても、まだ6時前のことですが、新発田(しばた)市の…

  6. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  7. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  8. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。