ビッグスワンXmas・version/UFO

2015年12月9日(水)撮影 (題名も文面も一部変更)

カナル側と違い、こちらは誰もいない。

目を凝らさないと足元さえ定かでない暗闇、

しかも頭上が木々に覆われ、生ぬるい風がすり抜けるたび

葉がすれが亡霊の行進曲に聞こえゾッとした。

目の先にはまるで映画“未知との遭遇”に出てくるような

UFOが着陸しているのに!(30年以上昔の話)

これから人間と船内の宇宙人が光と音で交信を始める

あのクライマックスシーンがまさに始まるというのに、

何度も後ろを振り返り、恐怖に震えるオイラでした。

昔のレンズのせいか強い光源が影響しゴーストが発生。

でも、新レンズに替える気なんて毛頭無いもんね。

RVP100 Ai-s35F2 F値8 NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ビッグスワンXmas・version

飛び立つ白鳥

関連記事

  1. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

  2. 嵐の予感・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

  3. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  4. 朝露キラリ・紅しじみ

    小っちゃな露玉を宝石のように散りばめた紅しじみとエノコログサ・・と書いた…

  5. 火の粉が湖面に降り注ぐ

    RICOH・GRⅢ(8月21日土曜日撮影)雲が燃えて火の粉が湖面に降り注…

  6. 寒そうな黄色いマンサク

    昨日から昼前から雪が本格的に降りだす。現在20センチ近い。昨日朝、なんにも…

  7. 天女はどこへ消えた? 

    天女の羽衣みたいに見えたのは気のせいかな。現像が出来上がってくる間、「露出…

  8. 6月22日午前4時7分

    夏至を一日過ぎた22日の鳥屋野潟。太陽の位置はよく判らないけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。