冬の落ち葉

この記事は1分で読めます

 吹雪いた翌朝、鳥屋野公園に出掛けました。
積雪で30センチ近くあります。
まだ誰も歩いた形跡のないメイン園路を半ばラッセル気味に進みます。
サザンカの花が盛りを迎えていましたが暗い葉陰のせいで華やかさは感じません。
時折、冷たい風が吹きつけては木々を揺らし葉を落としていきます。
雪面には、もみじ、クヌギ、イヌシデなどの落葉樹にまじり松の枝葉まで散乱。
昨夜の風雪の強さを物語っていました。
 雪に埋もれかかった落ち葉を撮影してみました。
それにしても暗いです。雪の照り返しがあるにもかかわらず暗い。
ファインダーで覗くと余計、実感します。レンズの絞りはF4解放で
せいぜい1/20秒程度です。冬の冷たさを表現したくあえて出目通りかそれより
半ステップほどアンダーでやってみました。三脚の脚をしっかり固定しレリーズ。
 RVP100 105マクロレンズ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2019.10.10

    ぺたんこ蛙
  2. ReversalFilm NikonF3 

    2019.10.05

    夜明けの炎雲
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。