オシドリ夫婦

 掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。

撮影場所もピンポイントでほぼ一緒。お気に入りなのかな。

メスは毛繕いされても嫌な様子は見せず気持ちよさそう。

 しかしオスとメス、なんでこんなに色合いが違うの?

それと、羽根の色は体のどの辺で決定されるのだろうか?

 過去写真   新発田市五十公野公園での撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉木立のトラフズク

田んぼの終焉

関連記事

  1. 炎天下のクロイトトンボ

    このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっ…

  2. 俺だけ見て!と言うけれど

    「後ろの仲間はいいから、俺だけ見て!」健気でか弱そうな姿にし…

  3. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?…

  4. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  5. 赤谷のサル

    農家の所有する柿の木にサルがやってきた。映ってないがサルの視線の先に…

  6. 草紅葉

    秋が深まるとイネ科の枯れ草が目立ってくるんですね。華やぐ花々…

  7. 白花カタクリ

    2016年4月上旬撮影 偶然見つけたのが3年前。以来、春が来れば気になる白花…

  8. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。