オシドリ夫婦

 掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。

撮影場所もピンポイントでほぼ一緒。お気に入りなのかな。

メスは毛繕いされても嫌な様子は見せず気持ちよさそう。

 しかしオスとメス、なんでこんなに色合いが違うの?

それと、羽根の色は体のどの辺で決定されるのだろうか?

 過去写真   新発田市五十公野公園での撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉木立のトラフズク

田んぼの終焉

関連記事

  1. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  2. ハルジオンにヤブキリ?

    花は間違いなくハルジオンだ。花弁が細くごちゃついているし、蕾も下を向いている…

  3. 村の鎮守 トラフズク

    旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。町内の人達が静か…

  4. 桜の花

    本日21日は会社で健康診断。平日は業務の都合で人が集まらない。休日なら休み…

  5. 月・日・星・ホイホイホイ

     ポジの管理が杜撰で保存状態が良好でない。プラスティック製のマウントとポジ…

  6. オイラも撮ってケロ!

    2016年4月下旬の撮影林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮…

  7. 雨の日・稚児百合

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. ネコヤナギにコガラ

     コガラです。3月上旬に”ネコヤナギにシジュウカラ”の写真を掲載したが同じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。