オシドリ夫婦

 掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。

撮影場所もピンポイントでほぼ一緒。お気に入りなのかな。

メスは毛繕いされても嫌な様子は見せず気持ちよさそう。

 しかしオスとメス、なんでこんなに色合いが違うの?

それと、羽根の色は体のどの辺で決定されるのだろうか?

 過去写真   新発田市五十公野公園での撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉木立のトラフズク

田んぼの終焉

関連記事

  1. ツルシギ冬羽

    野鳥達の春の渡りシーズン真っ盛りだ。街中で普段聞いたことが無いような…

  2. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  3. 神社猫

    RICOH・GRⅡ品があるって言うか凜々しい・・そんな猫でございまし…

  4. 山影蒼く・ノビタキ

     大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。野焼きの煙がほどよく地…

  5. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  6. 鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

    イワウチワは岩団扇と書く。葉っぱの形が団扇に似ているからだ。私のように花…

  7. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  8. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。