杉木立のトラフズク・塒は三方が塞がれ一方が開いてる・胎内市

11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が塞がれ一方が見渡せる」と言ってたのが頭に引っかかった。

それで過去の写真を探し出し、調べて見たらその通りだった。

写真だけでなく、いままで探し出したねぐらも同じ。

このところ、休日は鐘木側鳥屋野潟公園でねぐら探し。

対岸の女池側だけ・・というのは理不尽だし。

写真は旧中条町にて撮影したもの。

あまり知られていないので、上を見上げたり、地面の捜し物でもしていると不審者扱いされる。

  • follow us in feedly

霧と白鳥・遥か五頭の山々は霧の中・白鳥も吸い込まれていく

オシドリ夫婦・ホントは仮面夫婦・オスは手当たり次第に・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む