霧と白鳥

 放射冷却が起き、遠く五頭連峰が霧の中に消えていった。

岸辺の桜並木と近くの民家だけが浮かびあがって墨絵のよう。

飛び立った白鳥も乳白色の大気に吸い込まれていきます。

 湖面では水鳥たちの鳴き交わす声に満ちあふれていますが

仰ぎ見た先は音のしない、静かな世界が拡がっているかのよう。

 過去写真    新潟県旧水原町 瓢湖にて

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青空と白鳥

杉木立のトラフズク

関連記事

  1. 俺だけ見て!と言うけれど

    「後ろの仲間はいいから、俺だけ見て!」健気でか弱そうな姿にし…

  2. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  3. はじける いのち

    撮影の実際モデルさんは一体誰なんだろう?どこかで見かけたような立ち姿。もし…

  4. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

  5. 深山茜・未成熟個体

    未成熟個体ではあるが、7日から10日前に見た時より体色が濃くなってきた。…

  6. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  7. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  8. 葉っぱだけならチンゲン菜

    2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。