霧と白鳥

 放射冷却が起き、遠く五頭連峰が霧の中に消えていった。

岸辺の桜並木と近くの民家だけが浮かびあがって墨絵のよう。

飛び立った白鳥も乳白色の大気に吸い込まれていきます。

 湖面では水鳥たちの鳴き交わす声に満ちあふれていますが

仰ぎ見た先は音のしない、静かな世界が拡がっているかのよう。

 過去写真    新潟県旧水原町 瓢湖にて

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青空と白鳥

杉木立のトラフズク

関連記事

  1. ホオズキ・鬼灯

    ホオズキは漢字で鬼灯と書く。お盆の時期に仏前やお墓に備えるのは「あの世から…

  2. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?お…

  3. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からないけど、紅葉に薄…

  4. 深山茜(ミヤマアカネ)

    ホバリングしている姿を正面から眺めると翅の茶色い帯が空中に弧を描く。それが、…

  5. 水芭蕉

    杉木立の中、林床の枝葉の隙間から顔を出した水芭蕉。どれも小ぶりでシミひとつな…

  6. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  7. 生まれたてトンボ

    からだの色合いから羽化後間もないのだろう。ただし、判る範囲はそれくらいでどん…

  8. モノサシトンボ

    胴(?)部分に等間隔についた目印が定規の目盛りに見えるのだろう。それ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。