霧と白鳥

 放射冷却が起き、遠く五頭連峰が霧の中に消えていった。

岸辺の桜並木と近くの民家だけが浮かびあがって墨絵のよう。

飛び立った白鳥も乳白色の大気に吸い込まれていきます。

 湖面では水鳥たちの鳴き交わす声に満ちあふれていますが

仰ぎ見た先は音のしない、静かな世界が拡がっているかのよう。

 過去写真    新潟県旧水原町 瓢湖にて

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青空と白鳥

杉木立のトラフズク

関連記事

  1. 悪い癖

     陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥が…

  2. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  3. 緑の血潮

    阿賀町・たきがしら湿原♬・・手のひらを太陽に すかしてみればまっかに流れ…

  4. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

  5. 赤谷・連続洞門

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  6. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  7. チョウトンボ

    アヤメなんだか菖蒲なんだかよく分かりませんが、その葉っぱ、いや茎?の根元近く…

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。