霧と白鳥

 放射冷却が起き、遠く五頭連峰が霧の中に消えていった。

岸辺の桜並木と近くの民家だけが浮かびあがって墨絵のよう。

飛び立った白鳥も乳白色の大気に吸い込まれていきます。

 湖面では水鳥たちの鳴き交わす声に満ちあふれていますが

仰ぎ見た先は音のしない、静かな世界が拡がっているかのよう。

 過去写真    新潟県旧水原町 瓢湖にて

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青空と白鳥

杉木立のトラフズク

関連記事

  1. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  2. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  3. かたつむり・・久しぶり

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  4. ルリタテハ / 翅裏は・・?

    タテハ蝶の仲間、ルリタテハ。表の翅は濃紺の下地に瑠璃色のラインが鮮烈なまでに…

  5. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  6. ゴイシシジミ

    頭上の木々の葉という葉がソワソワしだすと、やがて一斉に騒ぎ出した。林…

  7. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  8. 深山茜・まだ大人になりきってない個体

    翅の縁紋が徐々にピンク色になってきてますね。大人の階段のぼってる最中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。