胎内市白鳥山 麓で出会った真っ赤な落ち葉・Ricoh gr3x

Ricoh gr3x

白鳥山の宮ノ下コース登山道入り口付近で出会った真っ赤な落ち葉。小路脇は田んぼかな。グチョグチョした縁には苔が密集して、真っ赤なモミジはそこにあった。

緑に赤はどんより沈んだ周囲に比べ鮮やかで、立ち止まりカメラを向けた。

ブレ防止のため右太ももにカメラをあてがい、2枚パシャリしてる。

登山(ハイキング)

昨日20日の日曜日に同僚と二人して胎内市白鳥山を2回攻めた。1回目は白鳥公園側からの追分コース。2回目は鳥坂山駐車場近くの宮ノ下コースから。

もっとも1回目でやめるつもりだった。追分コースを降りるのが億劫で、白鳥山と鳥坂山の中間地点からマイクロウエーブ道路をチンタラチンタラゆっくり降りてきたのだった。

そんでもって宮ノ下コースを進めば白鳥公園駐車場へ戻れると勝手に解釈していた。

それが大きな間違いだ。

宮ノ下コースは白鳥山登山コースのひとつ。

そのコースをたどり再度、白鳥山山頂にたどり着く。

そこから最初に上って来た追分コースを下ったのだった。

最初から、こうしてれば2時間以上早く下山していたはずだ。

忽然消えた謎の黒い男

突然に消えたんだわ。目を違うとこ向けてる間に。

白鳥山山頂でブルーシートを広げて二人してお茶を楽しんでた。ふと山頂小屋を見やるとメガネをかけた男の人がいた。向こう側へ背中を向けてる同僚に合図した。

「人・・わかった?」

「全然、いつ・・後ろ通ったの・」

「音もしないし・・」

我々の驚いた眼に気付いたのか、黒男はペコリと頭を下げた。

我々もペコリ。

僕はコーヒー取り上げ、すすった。

目を上げると・・いないんだよね。

「おい・・いないわ・・」

「えっ!・・どこいったん?」と同僚。

周りは笹薮。我々のいる広場への出入りは二か所のみ。俺は一つのルート脇でオシッコしてた。だから、黒男は同僚のいる側のルートから現れたのは間違いない。

なのに、気が付かないなんてあるのだろうか?

音もしないんだわ。

まさに忽然と消えた。

帰宅後もこの出来事が不思議でたまらんのだ。

  • follow us in feedly

久しぶりに朝焼けを眺めた13日の日曜日・Ricoh gr3

樹木の根元は葉っぱ布団 サクサク フワフワなのだ・Ricoh gr3x

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む