ハクチョウ

新発田市五十公野公園。
 叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28㍉レンズで撮影。
それこそ池の縁、のめり込むような姿勢でパシャリ。
 “通常”ならカモが真っ先に群がり白鳥はその奥で“待機”となるが、
冷たい風が手前側から向こうへ吹き抜け、しかも氷が張ったこの日は
白鳥が岸辺近くに群がっていた。その後、吹雪いて林が消えていった。
 過去写真 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

岸辺のキクザキイチゲ

蓮の花にヨシゴイ

関連記事

  1. 不思議な雪玉

     吹雪の中、無性に撮影に行きたくなった。新潟市内を出て国道49号線を暫く走り…

  2. 長旅終えて・・?

     長旅を無事終えて瓢湖への着水を試みようとしているのかな。翼と両足をいっぱい…

  3. カモシカの足跡かも

    2012年4月7日 鷹巣キャンプ場。まだ、積雪40㎝、出入り口は雪の壁。それ…

  4. 今になって『タラの芽』の写真

    昨夜、タラの芽を食べている夢を見た。故郷の胎内市の飲み屋で同級生の仲間と二…

  5. 見得を切るハラビロ

    獲物に飛びかかろうとした矢先に僕に見つかってしまったカマキリは新潟市…

  6. 萌える若葉とツツジに包まれる春

    眩しいほどの緑に叫んでしまいました。キャ~とかオォ~とかウリャ~とか。も…

  7. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  8. 花畑の一本道

    胎内市・長池の森公園、チューリプ畑に隣接した菜の花。昔は国道11…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。