ハクチョウ

新発田市五十公野公園。

叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28㍉レンズで撮影。

それこそ池の縁、のめり込むような姿勢でパシャリ。

“通常”ならカモが真っ先に群がり白鳥はその奥で“待機”となるが、冷たい風が手前側から向こうへ吹き抜け、しかも氷が張ったこの日は白鳥が岸辺近くに群がっていた。

その後、吹雪いて林が消えていった。

過去写真 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

岸辺のキクザキイチゲ

蓮の花にヨシゴイ

関連記事

  1. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  4. 千枚通しで突き抜けて

    専門的でややっこしい話は別として、この葉っぱ、「よっしゃぁ~」ってな勢いで残…

  5. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  6. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  7. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。