県展落選作品『午後の陽射し』

ricoh gr3x

第76回 新潟県美術展覧会(県展) 写真部門に応募し、落選した。

審査員の講評に「何を表現したいか、わかる作品を選定した」とあるが、それに照らすと、落選して当たり前であるな。写真を冷静に眺めてみると「何を表現したいのか?」が伝わらない。

光の角度や構図がどうのばかりに気を配ったなと今にして思う。

ワタシの実力はこの程度なのか?

他の写真が多々ある中で、この作品を選んだ私の考え方がズレていたのだろう。

女房、娘は落選すると感じていた。理由はまさに前述のとおりである。

うぬぼれほど怖いものはない。

5月4日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RICOH・GRⅢxは普段使いにいい(わがらねども)

RICOH GRⅢx 接写モードで虫・むしを撮る

関連記事

  1. RICOH GRⅢx・孤独な樹

    RICOH・GRⅢx現像してみて、後で見返してみて、なんでこんなの撮った…

  2. 古町/路地裏・とりあえず自転車は撮る

    RICOH・GRⅢとりあえず自転車は撮る。路地裏を覗き込んで、そこに自転…

  3. 炎天下にグッタリ

    クソ暑くて日中、街中を出歩くのは酷というもの。ビールを飲ませてやるか…

  4. 傾いた掲示板

    ACROS 100Ⅱ cosina voigtlander ultron 4…

  5. ファンネルマーク

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  6. RICOH GRⅢ・冬場の陽探し

    RICOH・GRⅢ沼垂(ぬったり)界隈にある地蔵堂。羽織物にどこか異国情…

  7. 日曜の朝

    Kodak T-MAX100 cosina voigtlander ultr…

  8. 砂山

    Kodak T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。