入道雲の季節・モクモク雲を火事現場の煙と勘違いしたよ


自転車で家に戻ると、田んぼの向こう側からモクモクと白い塊が互いに重なり、または飲み込みながら上空へと膨らんでいく光景を目にした。

夏を思わせる陽射しの中、まるで生きているかのように。

青のカンバスが白い絵の具で消されていく。休まずにズンズンと。

”青”の部分が消えてしまわないうちにと撮影開始。

やがて様々な形をした雲が全天を覆い尽くしてしまいました。雨は降らなかったけど、風の向きが変わったのを覚えている。

PLフィルターを装着しフィルター枠を回転させ、最も効果の出た部分で。35ミリレンズ、手持ち撮影。

*2017/09/14:画像を圧縮し過ぎていたため、出力解像度を落とし再スキャン。

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

赤銅色の朝焼け・目の前で展開される光の乱舞に釘付けになる

雨上がりの鳥屋野潟・福島潟へ向かう途中に雨、行先変更でパシャリした

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む