大杉の木の下の大きなショウジョウバカマ・Ricoh gr3

RICOH・GRⅢ

昨年は撮り損なった。頻繁に観察していたはずが、撮影当日に目にしたのは頭を垂れた姿。その花芯にそっと手を添え垂直に立たせるも、手を離すとヘナヘナと倒れてしまった。

そんなことで、昨年のリベンジも兼ねている。

まだ花芯が伸びきっていない時期から観察していた。いつ倒れるかも知れない不安、次回いつ来れるかも分からない中で、この日はちょうどいい花の塩梅でホッとした。

カメラ構えるオレが前後に揺れてる(心臓の鼓動でピント位置が微妙にブレる)。

フィルムカメラ

撮影がスムーズにいった。そこでフィルムで撮りたくなった。NikonF3は撮影時に連れて来ているが登場回数が激減してる。今日は風がなく撮りやすいのだ。

よ~し!やってみよう。

フィルムはローライ/Retro80s。

カメラを三脚にセットして・・ファインダーを覗き込んでたら・・。

・・やっぱ、メンタマに違和感出てくる。

ピント位置は分かるが、ファインダーを覗いたままだと痛くなる。

眼圧のせいだろう。

すぐに止めたのでした。

このままファインダーを覗けなくなるのかなぁ~・・

オレにとってはマジにキツい宣告みたいなもんだよね。

10日撮影

  • follow us in feedly

都会のアーバンブルーから田舎の堆肥の臭いまで・Ricoh gr3x

霞たなびく福島潟 芽吹きの季節を迎えた湖畔の木・Ricoh gr3x

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む