元旦の朝 旧中条町日出町付近・Ricoh gr3x

RICOH・GRⅢx

ときおり突風が吹いているのだろう、柱の継ぎ目からミシッと小さな音が聞こえだすと窓硝子にぶつかるザラメは勢いづき、海岸に打ち寄せる波のように迫って聞こえてくるのだった。

布団の中から腕時計をたぐり寄せ時間を確かめると午前5時を少しまわったところ。夜明けにはまだ早い。目をつむるが眠れず、しばらく彼らの冬の心拍に耳を澄ましていた。

明るくなって家の周りを歩いてみた。静かだ。誰一人歩いていないし車も来ない。吹雪は鎮まってはまた動き出す。その度に立ち止まってはカメラを懐奥にしまい込んだ。

写真は実家からおよそ30秒ほどのところ。

川戸が今でも残ってる。

生活に密着した川。

僕が小学生の頃はこの川でカジカやハヤ、オイカワを捕まえて遊んでいた。なのに成長するにつれて興味の対象が他にそれ、川へ近づくこともなくなった。

そんな中で高校生の頃に見た川の印象が今でも残っている。汚い川・・川底に瓶や茶碗の欠片が彼方此方あって、枯れ枝にビニールが引っかかってて、それがヌメヌメと醜く光っていた。

いつからこんなになった?

幼い頃に親しんだ川の姿がすっかり消えてショックだった。

先日、写真の数百㍍遡った上流部で小魚が群れているのを見た。けれども、あの時の光景がベールのように降りてきて戯れる小魚の輪郭すらぼやけてしまった。

慣れ親しんだ川だけに汚れた川の記憶はそう簡単には浄化されないということか。

元旦に撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Power Light 未知との遭遇ってな感じ・Ricoh gr3

元旦の朝 旧中条町本町辺り Black and White・Ricoh gr3x

関連記事

  1. 冬のエナガ・葦の茎に嘴を突っ込んで、隠れている虫…

    立ち枯れした葦原にエナガの群れがやってきた。上空から覆い被さるようにド…

  2. アケビの花・日本の伝統色を日本画風に作画・ポジフ…

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  3. 樹液塊・ここまでカモフラージュされると判別不能 …

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから、そ…

  4. 佐渡汽船 おけさ丸 ・両津港到着 revese …

    Ricoh gr3x(50㎜ crop)新潟西港12時35分発のカーフェ…

  5. ウスバシロチョウ・6月の半月ほどの短い期間だけ見…

    雑記今日22日、右目の緑内障定期検診日。午前中に瞳孔を開く検査を終え…

  6. 寄り添う土筆・チュウしとる!・ポジRVP100&…

    2016年4月16日撮影 新発田市・滝沢福島潟で『土筆と朝露』を撮影後…

  7. ヤマガラ・NikonF4のファインダーは明るく見…

    (過去写真 初掲載)この写真はNikonF4で撮影した。…

  8. 胎内市 桃崎浜の波打ち際をRollei Supe…

    Rollei Superpan 200 Ai-Nikkor 35f2s Ni…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。