夜明けの福島潟

2015年10月12日(祝) 撮影

星空ウォッチャーにとっては10月の夜空はたまらないだろう。

月・金星・火星・木星と一列に並ぶ夜があったり、オリオン座流星群の出現が期待できたりと寝る暇がないはず。

山の端の大気がゆらぎ始めそうな頃にレンズの絞り値を解放にして45秒の露出をかけてみると肉眼ではほぼ確認出来なかった微妙な変化が映り込んでいた。

フィルム特性と長時間露出、加えて旧レンズの解放使用による周辺光量不足がそれなりに作用してくれたと思う。

1時間も前から撮影していたが、深夜のカットは完全に露出不足だった。

ISO100で星がとまっている写真となると撮影時刻がカギなのかな。

RVP100 35ミリ NikonF5   福島潟にて

*真ん中右より:金星、その斜め左下:木星、その上の点:火星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

木舟

露とんぼ

関連記事

  1. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  2. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  3. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  4. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  5. 光芒

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f2.8s Nik…

  6. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  7. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  8. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。