夜明けの福島潟

2015年10月12日(祝) 撮影

星空ウォッチャーにとっては10月の夜空はたまらないだろう。

月・金星・火星・木星と一列に並ぶ夜があったり、オリオン座流星群の出現が期待できたりと寝る暇がないはず。

山の端の大気がゆらぎ始めそうな頃にレンズの絞り値を解放にして45秒の露出をかけてみると肉眼ではほぼ確認出来なかった微妙な変化が映り込んでいた。

フィルム特性と長時間露出、加えて旧レンズの解放使用による周辺光量不足がそれなりに作用してくれたと思う。

1時間も前から撮影していたが、深夜のカットは完全に露出不足だった。

ISO100で星がとまっている写真となると撮影時刻がカギなのかな。

RVP100 35ミリ NikonF5   福島潟にて

*真ん中右より:金星、その斜め左下:木星、その上の点:火星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

木舟

露とんぼ

関連記事

  1. またも、土手下のエノコログサ

    2015年10月12日(祝)早朝 撮影またも、土手下のエノコログサ。…

  2. グリーン・グリーン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  3. 夢の中

     寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  4. 霜の華

    25日、早朝の福島潟。春間近なのか、雪面が所々で裂けている。『雪割れ』と呼…

  5. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  6. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  7. シンメトリーな福島潟

    「8時半までに帰って来て」と奥様にキツく言われたので、8時には自宅に着いた。…

  8. はちす・gr3x

    RICOH・gr3x蓮のハチス。8月15日福島潟で撮影。お盆には蓮の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。