夜明けの福島潟

2015年10月12日(祝) 撮影

星空ウォッチャーにとっては10月の夜空はたまらないだろう。

月・金星・火星・木星と一列に並ぶ夜があったり、オリオン座流星群の出現が期待できたりと寝る暇がないはず。

山の端の大気がゆらぎ始めそうな頃にレンズの絞り値を解放にして45秒の露出をかけてみると肉眼ではほぼ確認出来なかった微妙な変化が映り込んでいた。

フィルム特性と長時間露出、加えて旧レンズの解放使用による周辺光量不足がそれなりに作用してくれたと思う。

1時間も前から撮影していたが、深夜のカットは完全に露出不足だった。

ISO100で星がとまっている写真となると撮影時刻がカギなのかな。

RVP100 35ミリ NikonF5   福島潟にて

*真ん中右より:金星、その斜め左下:木星、その上の点:火星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

木舟

露とんぼ

関連記事

  1. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  2. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. Rollei Retro80s・粗目雪と霜葉

    Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3カメラの中…

  5. 蘇る記憶の光り/福島潟

    50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。…

  6. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  7. 蓮墓標

     このところ、凡ミスが多い。昨日21日夕方は田園(たんぼ)と夕焼けやお月様を…

  8. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。