葉陰に眠る朝露トンボ・NikonF5&ポジフィルム

2015年10月18日(日)撮影

早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみました。

外来種のセイタカアワダチソウの生命力はすさまじく、歩道沿いに垣根の様に林立しています。

足元にはママコノシリヌグイかミゾソバがこれまた勢いよくツルを絡め、ピンク色の米粒を一面に咲かせています。

近くの野鳥観察小屋の屋上から見下ろすと小路は黄色のラインで縁取られそれが遠くまで続き、また緑にまじって赤がぽつぽつと目立ちました。

野イバラの実と紅葉した南京ハゼの葉です。

帰り道、セイタカアワダチソウの小径沿いに朝露でびっしょり濡れたトンボを見つけました。

RVP100 105㍉F4半 NikonF5     福島潟にて

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

夜明けの福島潟・こういうの撮るならデジタルカメラかもね

湖畔沿いの小径を歩いていると目の前に舞い降りたんだ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む