砂の川・小針浜

Kodak Tri-X400 cosina voigtlander ultron40f2 NikonF3

10日の小針浜。

浜茶屋の関係者と覚しき方々がボートのカバーを掛け直したり、ヘンテコなキャタピラ移動車を動かしたり、静かな波打ち際、日本海に向かってションベンしてたな。ナニは確認してないけど、あの後ろ姿、両手はナニに添えてる感じで、ちょっと中腰で、最後に体を上下ブルブルさせてたからな。

アレ見たら、浜辺へ近づきたくなくなった。

歩を向けてたのを止めた。それで偶々真横にあったコレ撮ってる。大雨で砂地に川が流れ、コーンの底部が川の流れで削れ、それが倒れて、飛び砂で・・こうなった・・と推察した。

NikonF3銀兄

銀兄とは所有する2台のうち製造No.が古く、シャッターに銀色のシャッターボタンを嵌めてるから。コイツのはじき出す露出計に疑問を持ちながら付き合ってきたが、とうとう我慢がならなくなった。

明らかに露出値がおかしい。

このカメラはほぼモノクロフィルムを詰めてて、撮り終えると自家現像してる。数種類のフィルムで撮影してるが、現像後のネガが極端に濃い。露出オーバー、現像過多である。

しかし、現像時間はキッチリだ。現像温度もレシピに添う。

現像途中で温度が上昇するのを見越して数回、冷水にタンクを浸してるし、攪拌も静かに丁寧にやってる。なのにである。何度現像しても似たようネガの濃さ。それで撮影時には被写体にもよるがカメラの出目数値から1段もしくは1段半アンダーでやる癖がついた(この癖は別のF3に詰めてるリバーサルでも引き継いでしまい、此方は結果的にアンダーポジになるケースが増えてる)。推奨現像時間を私なりに短縮することを覚えた。トライXをSilversalt現像液で臨む場合は13分のところ11分30秒から11分。

写真

出目数値から半ステップアンダーで撮影してる。現像時間は11分30秒(推奨より1分30秒短め)。現像時間は個人差があるからなんとも言えないが、それでもネガはオーバー気味。

なんでやん!

ここまでしてもこうである。

攪拌内容に問題なし、現像温度の上昇にも気をつけてる(例えば現像液に入れてる水温計が20℃を示していても、かき混ぜると水温が1.5℃ほど一気に上昇する。それが下がり落ち着いたところで作業を開始するようにしてる)。

カメラが問題だ。

別のカメラと比較する。両者ともレンズを外してオートで同じ光源へ向ける。1段の差が出る。おかしい方は常に1段は明るい(シャッタースピーが遅い)。

本間さんところへ連れて行った。一月以上かかっちゃうが仕方がない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

午後の日差し

アンバランスな日常・デコトラと瓦

関連記事

  1. 捻れたネットにゆく夏をかさねる

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  2. 夏フェンス

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 Nik…

  3. under construction

    来年7月完成予定の新潟南病院。建設当初は地面の下ばかりガリガリやって…

  4. 壁面をつたう蔦

    GRⅢビルの壁面に大きく描いたのだと思いました、この蔦。掲載写真では…

  5. 寂れた冬がやって来る

    11日、爆弾低気圧の通過で雨、潮、砂、ごちゃ混ぜの嵐の中で撮影している。…

  6. 福寿草・パラボナアンテナ

    体調が回復してきたのか、傍らでビールをあおる女房が気になりだした。…

  7. 都市過疎

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s+Y2 NikonF3…

  8. ススキと秋の空

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 Nik…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。