秋色ナナカマドの実・露出オーバー目で柔らかく優しく


2015年10月4日(日)撮影

今年はナナカマドの実がやたら綺麗に見える。

意識して覧ているせいか、秋の深まりと共に色づいていく。

昨年は真っ赤に熟した頃に枝ごと折られて持って行かれ、また野鳥が勢いよくついばんだせいもあり残念な思いをした。

実の成り具合を気にしていたのは、もしかしたら、こんなことがあったせいかもしれない。

近づいては離れ、離れては近づき、背景色のぼけ具合と色彩にこだわって撮影したつもりなのだが。

RVP100 180ミリF2.8解放 NikonF5  鳥屋野潟公園

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

ヤマガラ・NikonF4のファインダーは明るく見やすい

枯れトンボ・逆光シルエットで晩秋朝の雰囲気だしてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む