黄花とカマキリの卵

2015年10月12日(祝)撮影
 セイタカアワダチソウにカマキリの“卵”がたくさん。
4畳半ぐらいの範囲に6個。隈なく探せばもっとあるはず。
いずれも私の目線1.6㍍ぐらいの高さにありました。
ところで“卵”は正式には“卵鞘(らんしょう)”と呼ぶそうな。
さらに“男性のキン玉袋”という意味の呼び名もあるらしい。
まったくもってその通りである。
 RVP100 105㍉ NikonF5  スポーツ公園観察池にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

またも、土手下のエノコログサ

水鏡

関連記事

  1. マルバマンサク咲く

     「まず、最初に咲く」からマンサクとも言われますが、「じゃあ、ロウバイや福寿…

  2. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  3. 「大したことない」朝焼け

    「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。上沼橋の…

  4. 染まる鳥屋野潟

    台風12号が新潟から逸れた。ホッとしたが、テレビでその予想進路を知り、複雑…

  5. 6月14日の朝焼け・鳥屋野潟

    写真は先月14日、鳥屋野潟の朝焼け。Facebookの自身の…

  6. 霧に隠れる鳥屋野潟

    昨日は「夏越の祓」。1年の半分が過ぎ、肉体や精神に溜まったデットックスを洗…

  7. ひとりの時間

    「なんで、こんな色合いの夜明けがはじまるんだ~?」「大気中に含まれる…

  8. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。