黄花とカマキリの卵

2015年10月12日(祝)撮影
 セイタカアワダチソウにカマキリの“卵”がたくさん。
4畳半ぐらいの範囲に6個。隈なく探せばもっとあるはず。
いずれも私の目線1.6㍍ぐらいの高さにありました。
ところで“卵”は正式には“卵鞘(らんしょう)”と呼ぶそうな。
さらに“男性のキン玉袋”という意味の呼び名もあるらしい。
まったくもってその通りである。
 RVP100 105㍉ NikonF5  スポーツ公園観察池にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

またも、土手下のエノコログサ

水鏡

関連記事

  1. 冷たい青

    雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。段差のエッジラインや窪みが明る…

  2. 雨雲の下層面ってこんな凸凹?

    8日、鳥屋野潟の夜明けですね。こちらはリバーサルフィルム。コ…

  3. 寒そうな黄色いマンサク

    昨日から昼前から雪が本格的に降りだす。現在20センチ近い。昨日朝、なんにも…

  4. 午前5時48分の鳥屋野潟

    本日16日、午前5時48分の鳥屋野潟。会社に間に合うかどうか、一か八かで行…

  5. blue moment

    *記事は現在 写真は2014年5月撮影夜明け前のほんの数分間、青の時間がや…

  6. 深緑と江戸紫

     葉の色艶や高貴な色合いの紫玉、加えて煩雑な枝が映り込まないとなると、何とし…

  7. アカバナマンサク

    アカバナマンサク 前回、「ピロピロとマンサクの花」を掲載したがすぐ近くに独立…

  8. 龍神雲

     ビッグスワンの紅白バージョンライトアップは外壁だけで、スタジアム内部の照明…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。