黄花とカマキリの卵

2015年10月12日(祝)撮影
 セイタカアワダチソウにカマキリの“卵”がたくさん。
4畳半ぐらいの範囲に6個。隈なく探せばもっとあるはず。
いずれも私の目線1.6㍍ぐらいの高さにありました。
ところで“卵”は正式には“卵鞘(らんしょう)”と呼ぶそうな。
さらに“男性のキン玉袋”という意味の呼び名もあるらしい。
まったくもってその通りである。
 RVP100 105㍉ NikonF5  スポーツ公園観察池にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

またも、土手下のエノコログサ

水鏡

関連記事

  1. 鳥屋野潟の目覚め

    今日の話晴れたり曇ったり、雨だと思っていたらいきなり雪嵐めい…

  2. 雪の声

    「とうとう逝っちゃたかな」・・そう思われるのが嫌なんであんまり喋った…

  3. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

  4. 午前5時48分の鳥屋野潟

    本日16日、午前5時48分の鳥屋野潟。会社に間に合うかどうか、一か八…

  5. 雨雲

    ずっと遠く、山の稜線上で堰き止められた雨雲がだんだん折り重なって、地上と天井…

  6. 蝶の時間

     『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

  7. ロウバイ、再挑戦

     ロウバイの写真、再挑戦です。朝、やんわり雪がちらつき、枝や葉に薄く積もって…

  8. 円形広場

    Kodak T-MAX100 cosina voigtlander ultr…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。