なびく水面、なびかない頭髪

2015年9月24日(木)撮影
 風があります。カメラのストラップが右から左へ流れます。
鳥屋野潟の水面も薄暗い中で波立っています。
傍らのススキや足元の雑草も左右、前後に揺らいでいます。
私の髪の毛だけ微動だにしません。剣山ですから。
風の抵抗を受けるほど長くはなく、“ない”に等しい状態ですから。
髪の毛をかき分けた“最後の仕草”は何時だったのだろうか。
ストラップを押さえながら、ふとそんなことを考えます。
 毛はともかく露出がピッタリとはまって、嬉し楽し。
 RVP100 55㍉  NikonF5   上沼橋から 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋 サンシュユの実-2

和服の似合う女

関連記事

  1. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  2. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  3. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

  4. マルバマンサク咲く

     「まず、最初に咲く」からマンサクとも言われますが、「じゃあ、ロウバイや福寿…

  5. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速受取に…

  6. 清まし顔の黄花かな

     鳥屋野潟公園「流れ」の小径沿いですね。この公園は散歩にジョギングにバードウ…

  7. 桃色な朝はいつなんだろ

    在庫写真から雲がちょこっと出ていれば出勤前に朝焼けを撮影しているが、昨年の…

  8. 泣き出しそうな鳥屋野潟

    耐えられないくらい、たっぷり水分を含んだ大気に包まれている。雨がポツリと落…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。