なびく水面、なびかない頭髪

2015年9月24日(木)撮影
 風があります。カメラのストラップが右から左へ流れます。
鳥屋野潟の水面も薄暗い中で波立っています。
傍らのススキや足元の雑草も左右、前後に揺らいでいます。
私の髪の毛だけ微動だにしません。剣山ですから。
風の抵抗を受けるほど長くはなく、“ない”に等しい状態ですから。
髪の毛をかき分けた“最後の仕草”は何時だったのだろうか。
ストラップを押さえながら、ふとそんなことを考えます。
 毛はともかく露出がピッタリとはまって、嬉し楽し。
 RVP100 55㍉  NikonF5   上沼橋から 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋 サンシュユの実-2

和服の似合う女

関連記事

  1. 鳥屋野潟・くすむ青

    本日6月21日の朝焼けはちょっと興奮した。早めに起きていながら雲が多くて、…

  2. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  3. コガネムシ

    2015年7月4日(土)撮影 夜明けとともに雨があがり、明るくなってきました…

  4. Like Ink wash painting  …

    RICOH・GRⅢ8月の上旬に撮影してる。RAWモードで撮影してて、JP…

  5. 清まし顔の黄花かな

     鳥屋野潟公園「流れ」の小径沿いですね。この公園は散歩にジョギングにバードウ…

  6. 紅一葉

    今年は紅葉をあまり撮らなかった。なんとなく苦手なせいもある。…

  7. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

  8. 狐色の実

    振り向く人も、まして、足を止めて覗き込む人もなく、氷雨に濡れる狐色の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。