なびく水面、なびかない頭髪

2015年9月24日(木)撮影
 風があります。カメラのストラップが右から左へ流れます。
鳥屋野潟の水面も薄暗い中で波立っています。
傍らのススキや足元の雑草も左右、前後に揺らいでいます。
私の髪の毛だけ微動だにしません。剣山ですから。
風の抵抗を受けるほど長くはなく、“ない”に等しい状態ですから。
髪の毛をかき分けた“最後の仕草”は何時だったのだろうか。
ストラップを押さえながら、ふとそんなことを考えます。
 毛はともかく露出がピッタリとはまって、嬉し楽し。
 RVP100 55㍉  NikonF5   上沼橋から 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋 サンシュユの実-2

和服の似合う女

関連記事

  1. 緑炎

    新潟市・鳥屋野潟公園 写真は8月13日早朝、鳥屋野潟公園、鳥見庵脇の草地で撮…

  2. すじ雲染まるビッグスワン

    すじ雲染まる鳥屋野潟。4時、上沼橋。昨夜の天気予報から少しの期待感あり…

  3. ちょっとだけよ/鳥屋野潟

    20日5時19分の鳥屋野潟(とやのがた)です。何とも言えない…

  4. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  5. バルタンな顔・アブラゼミ

    結果、本日の1枚となろうか。この記事を書いている現時点で傍らにビール…

  6. 何だか嬉しいニイニイゼミ

    新潟市・鳥屋野潟公園子供の頃、セミと言えばアブラゼミで時たま…

  7. 曼珠沙華・紅い花

    RICOH・GRⅢ万曼珠沙華が咲き出した。彼岸になれば必ず姿を見せる…

  8. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。