タカアザミの終い花と蝶

Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3

久しぶりの福島潟。

岸辺では僕を含めて6人の写真撮り屋が今か今かと燃える朝焼けを期待していましたが、サッパリでした。気温も18度前後で寒くなく霧もでません。

湖面はカモが増えたなと感じる程度。

太陽が雲間から顔を出す頃には、辺りは誰もいなくなってました。

僕はタカアザミの終い畑へ。

畑では背の高いタカアザミだけが株ごと点在していた。

周りの雑草は刈られていたましたね。

歩きやすいのですが、やはりああした光景を見ると、夏が終わったのを実感します。

タカアザミの終い花を見に出掛けたのは、花の盛りを過ぎても花房に蝶がぶら下がっているのをなんども目撃していたからで、この日も「もしかすると居るんじゃないかな」と思ってたから。

ゆっくり静かな足どりで探しました。

いましたね!ギザギザ葉っぱの陰とか、手の届かないところにチラホラ。

写真は一番姿が見えた個体。

2メートル近く伸びた花房の中に見えたのですが、背景が空なんです。

撮影位置を確かめても空でしか背景が抜けません。

仕方なくファインダーを覗き画角を決める。

蝶はウラギン?ツマグロ?

いずれにせよヒョウモン蝶の仲間でした。

見てると体が震えています。

ブルブル・・。

エンジン始動したのですね。

「もうそろそろ飛んじゃいそう」・・2枚撮ったところでやっぱり飛んだ。

10月11日 福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不穏な雲と街路灯

波打ち際

関連記事

  1. からまる

    朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。「なにがな…

  2. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  3. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  4. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  5. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  6. 日の出の船着き場

    この写真、12月4日日曜日に撮影した福島潟、船着き場の風景。午前7時頃の…

  7. 夜が割れていく

     夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流れや…

  8. 霧氷

    霧氷を少し近づいて覗いてみた。植物はススキに見えるがホントは何だろう…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。