路地裏

今度こそモノクロフィルムの自家現像が出来たんだろう。

風呂場に吊したロール状のネガを窓の明かりで透かしたら、これまでとは違った仕上がり。

もしかしたら、いけるかも!

「いけるかも」というのはフィルムスキャナーがネガの画像を認識して取り込むことが出来るかも知れない・・そういうことで、写真の内容云々ではない。

乾かしている間は山里に出掛けて深山茜なんぞを撮ったりしてた。

家に戻って、恐る恐る吊したネガを眺めてみた。

やっぱり、コレまでとは違う仕上がり。

どことなく画像が不鮮明なのは現像技量が不十分なせい。

この点はのちのち改善していくだろう。

コマとコマの間とかがこれまで以上に透明に見える・・頼む・・スキャナー読み込んでくれ。

それで6コマひとつにして切り離したネガをスキャナーに通してみた。

挿入口からネガが吸い込まれていく。

さぁ・・出てくんなよ(認識されないと自動で排出される)

ジッ~・・・機械の動く音。

カチッ!

フィルム読み込みの音が聞こえた。

「オォ~・・・」

問題の先送り

今回はフィルムと現像過程での定着液を変えてみた。

フィルムはコダック・T-MAX100、定着液はイルフォードのラピッドフィクサー。

フジのアクロス100Ⅱフィルムと定着液スーパーフジフィックスとの組み合わせがどうも上手くいかない(二浴定着を試みても結果に差が出ない)。

フィルムの乳剤のせい?

定着液の性能のせい?

このふたつのどちらかがおかしいってなって。

それで、じゃぁ、フィルムと定着液を変えてみたらどうかなって。

ただし、定着時間は9分ほどかかってる。

水道水の性質も一因?

いずれにせよ、なんども繰り返して作業の工程の一つ一つを確実にしていこうと思うのだけど、これまでの現像が上手くいかない原因の解明が浮いたままではいけない。

T-MAX100 コシナ・フォクトレンダー40SL2S NikonF3  22日午後撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

深山茜・まだ大人になりきってない個体

炎天下にグッタリ

関連記事

  1. 柳都大橋からの眺め

    RICOH・GRⅡ 23/5/2020~昨日午後のこと~青空に浮…

  2. 小高い丘の上から・海

    新潟市の住処から北へ約18㌔。島見浜の小高い砂丘から何気に日本海を望んで…

  3. 福寿草・パラボナアンテナ

    体調が回復してきたのか、傍らでビールをあおる女房が気になりだした。…

  4. 夜の萬代橋

    新潟県人なら誰でも知っている萬代橋。風が強く、コンデジを比較…

  5. 血管壁

    繁華街のアーケードの一角に出入り口以外三方を外壁に囲まれた駐車場がある。…

  6. 信濃川船だまり

    ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s+Y2フィルター Ni…

  7. ブタ猫 チビタン

     子猫の頃からよく親猫が裏庭に連れてきていた。ほかに別家族の野良猫もいたがこ…

  8. 港湾

    信濃川右岸に立つ新潟みなとタワーから新潟西港を俯瞰しています。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。