モンブランとお坊さん

街中を歩くなんて昨年までの僕には考えられないこと。

人混みが嫌い、車のエンジン音やクラクションが嫌い、そして何と言っても時間に縛られているようで、思考を強要されているようでダメなのです。

はや歩きにもなってる。野山の中を歩くのとは全く違う。

被害夢想に過ぎないんだけど、長年ずっとそう感じているんで、そうした妄想が心臓に根を張り巡らしてしまってて、そう簡単に剥がせない。

だから街中を歩いている・・と言っても人とすれ違わない朝の早い時間帯とか、もとから人通りが少ない場所を選んで歩を進めている。

街に出掛けるのはちょっとした勇気が要る(これには自分の容姿が醜いといったコンプレックスとかトラウマみたいなのが大きく作用している)。

そんな僕の背中を押しているのは写真を撮りたい気持ちのみ。

カメラがなかったらまずもって街になんか繰り出さない。それでいてカメラをぶら下げているのが妙に恥ずかしく思えてくるんだね(僕には似合わないと思ってるんだ)。

最近はそれでも「良いな、あの場面・・」と感じる機会が増えた。

街を出歩く度にそうした瞬間を多く持つようになった。

それは判っているんだが、恥ずかしさからあと一歩が踏み出せない。

「ゆっくり、焦っちゃダメよ・・」と自分に言い聞かせている一方で「還暦手前でまだそんな?」と焦り始めている自分も居るのだ。

隔世

なんか画面に対照なモノでも取り入れたいなぁ~と探してて、写真のような場面を見つけた(でもいつもここには来てるんで、またまたやって来てパシャリしただけのこと)。

モンブランと奥のお坊さんとの間には途方もない時空間があるようなないかも。

しばらくはモンブランの中の男とアチラのお坊さんとを見比べていたのでした。

どうでも良いんだけど、その時に気が付きました~。モンブランって時計もあったのね、と。万年筆など筆記用具だけじゃなかったのね、と。

RICOH・GRⅢ  新潟市 7月5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

rhythm・音の調べ

シュワッチな出入り口

関連記事

  1. 水屋猫

    家主には申し訳ないが、猫の額ほどの庭にシンク?洗面台?を備えた水屋が…

  2. 昔の炊事場

    光の乏しい室内で手持ち撮影してみた。f2.8解放、1/20秒、ISO…

  3. すべて黒尽くめの男

    その男は服、ズボン、靴、リュック、帽子、自転車、マスクまで全て黒尽く…

  4. それぞれの ♪夕焼け小焼け♪

    今日2日の♪夕焼け小焼け♪はこんな感じだった。北陸自動車道は…

  5. 街中の鳥居

    新潟市白山神社の鳥居、先月27日の撮影です。こんな天気が新潟の空にあ…

  6. 股下から水上バスが現れた

    2日の土曜日、デジタル撮影前にフィルムで撮った萬代橋。向こう…

  7. ブタ猫 チビタン

     子猫の頃からよく親猫が裏庭に連れてきていた。ほかに別家族の野良猫もいたがこ…

  8. 浜猫・小屋番する猫

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。