葉っぱの壁

この植物の名前は判りませんが、葉っぱの模様がここを訪れる度に変化しているみたいで(たぶん色濃くなっているんだと思う)気になってきて、とうとう写真を撮ったのでした。

山懐からちょろちょろ流れる小さな水路を覆うように繁る葉の奥にヤゴの羽化する姿を見かけたことがあって、もしかしたら、もしかしてと閃いた僕は、手前の葉っぱを掻き分けようとし、危うくドボンしそうになった。

あっぶねぇなぁ~

前屈みになった際、踏ん張ったせいで履いていた長靴がプチッと鳴いた。

僕の長靴は名ばかりで靴の足首辺りのゴムが劣化し、シワシワになってそこから中へ水が流れ込む。

可能な限り水の中には入らないようにして、しばらく使い続けていたが、残念ながらシワが更に広がり、それは致命的な、決定打となった。

胎内市はヤ◯ゴ◯で買った愛しの長靴でございました。

防寒用で内側にゴワゴワと毛が生えた長靴。

夏になっても気にしなければ平気で履けた長靴。

左右並べると高さが全く違う長靴で、そのため「大バーゲン」と謳われていたその長靴が、奇しくも僕の撮影場所、その撮影中に逝っちゃった。

足首に太いゴムの重りを巻いたようになった。

定額給付金でモノクロフィルム自家現像道具をちゃんと揃えるつもりで、妻に「俺の取り分のほんの一部で良いから頂戴な」とやっとのことで認可が下りたばかりなのに。

また金の掛かるコトが出来てしまった。

ヘリに座り込んでそんなことを考えていて、前を見たらこの生き物がゴワッと迫ってくるような、こっち来ちゃダメよみたいな、壁みたいに見えた。

その時はリバーサルフィルム入りのNikonF3を肩にかけていて、「こりゃぁ、モノクロの方が良いわ」となって、慌てて車までモノクロ入りのカメラを取りに戻ったというわけです。

長靴・・走ったりするたびに、ブスブスと音がする(着地の際、自身の足の裏と長靴の中敷きがその都度ズレまくるほどで、見るも無惨な姿)。

*陽が当たる前に撮らないと・・焦って作画したせいか、画面左側に1本の茎が入り込んでいる。撮影時は気が付いていない。

ACROS 100Ⅱ フォクトレンダー40f2 NikonF3  阿賀野市 6月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

すべて黒尽くめの男

鳥屋野潟・水上花火

関連記事

  1. いっぱい光を浴びなさい

    今のうちに沢山の光を浴びなさい。太陽が照っているうちに思いっきり葉を…

  2. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  3. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  4. 蓮 夏の朝

     夏の瓢湖は蓮のピンクが緑の葉に映えて美しい。遠く蒼い五頭(ごず)連峰の真上…

  5. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

  6. ふたりなひとり

    撮影の心理眺めていて閃いた! 「一人なのに、二人、三人、四人に見える植物は…

  7. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 命を紡ぐ大輪寺の菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。