葉陰のヨシゴイ

 ”瓢湖”と言えば冬の使者”白鳥”をイメージしたくなるが
夏鳥達の楽園でもあります。カワセミ、ヨシキリ、そしてヨシゴイ・・。
 掲載写真は夏場、写真屋の多くが額に汗して撮影に没頭するヨシゴイ。
最近は昔と違って生息数が激減してきているようだが、当時(数十年前)
は普通に観察できて、湖畔をレンズ担いで行ったり来たりとフィルムが
足りなくなるぐらい撮りまくった。(もっともほとんどピンぼけだが)
 蓮の大きな葉陰に身を潜め、水面近くを泳ぐ小魚を狙っている・・というより
夏の熱い陽射しを避けて小休止しているようにも見えた。
 過去写真 初掲載   ベルビア50 望遠レンズ使用  8月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蓮 夏の朝

夏の入道雲

関連記事

  1. アッ・・ピョンキチ?

    トノサマガエルなのかダルマガエルなのか迷ってしまいました。たぶん、『トノサ…

  2. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

  3. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  4. “葉っぱのコシカケ”

    どう見たって、こりゃぁ、“葉っぱのコシカケ”でしょう。形のい…

  5. 慈雨・濡れアザミ

    しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨…

  6. みずひき

    2015年7月12日(日)撮影 ここは弥彦神社”万葉の道”です。鬱蒼とした木…

  7. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  8. カナブン/樹液を独り占め

    そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。樹液の周りに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。