ガガブタ

過去写真

ちょうど8月のこの時期と記憶している。

新潟県聖籠町に位置する池の畔で撮影したもので、広がった浅瀬に群落を形成していた。

当時は何処でも見られたが、現在では新潟市の絶滅危惧種に指定されるほど生息範囲が狭まってきている。

岸辺から遠い方には黄色くポンと突き出た丸い花もあったがあれはコウホネだろうか。

濁った生ぬるい水の中、黄色と白の無数の花が水面の上で微かに揺れ動いていました。

しかし、ヘンテコな名前である。

”ガガ”は司祭で用いた鏡、”ブタ”は蓋のつまみ。

鏡を裏返しにした時の中央部つまみを指しているのだろうか。

でも、想像があんまり膨らまない。イメージが今ひとつ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ハグロトンボ

蓮 夏の朝

関連記事

  1. ぺたんこ蛙

    朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。縁を掴む手つきが妙に…

  2. 密輸監視船“ゆうと”もとい“りゅうと”の脇腹

    Kodak T-MAX100(ISO125)Ai-Nikkor 35f/2s…

  3. たんぽぽの綿毛

    タンポポンの綿毛。柔らかな光が欲しくて、曇り空のもとで撮ってみました。背…

  4. 土筆とバッタ

    2016年4月16日(土)撮影/新発田市・滝沢 民家の裏山、四方が小高い丘に…

  5. 枯れ落ち葉・杉林

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  6. 出会いは突然に

    まさかの登場にドッキドキになった。こういう出会いは体に良くない。…

  7. 都忘れ/miyako wasure

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。