ガガブタ

過去写真

ちょうど8月のこの時期と記憶している。

新潟県聖籠町に位置する池の畔で撮影したもので、広がった浅瀬に群落を形成していた。

当時は何処でも見られたが、現在では新潟市の絶滅危惧種に指定されるほど生息範囲が狭まってきている。

岸辺から遠い方には黄色くポンと突き出た丸い花もあったがあれはコウホネだろうか。

濁った生ぬるい水の中、黄色と白の無数の花が水面の上で微かに揺れ動いていました。

しかし、ヘンテコな名前である。

”ガガ”は司祭で用いた鏡、”ブタ”は蓋のつまみ。

鏡を裏返しにした時の中央部つまみを指しているのだろうか。

でも、想像があんまり膨らまない。イメージが今ひとつ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ハグロトンボ

蓮 夏の朝

関連記事

  1. 神社猫

    品があるって言うか凜々しい・・そんな猫でございました。日常を平々凡々…

  2. 沼地をズボッズボッと進んでいくと『鷺の舞』の最中…

    夜明けの山陰は蒼く沈んだまま。視線を足元に、雨溜を避けて歩きます。…

  3. 誕生だね オオヤマトンボ

    彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。「これから殻を…

  4. 干し柿作り アッという間だよ 皮をむく母・Ric…

    Ricoh gr3x文化の日、早めに(と、言っても9時ごろ)母のいる胎内…

  5. 今になって『タラの芽』の写真

    昨夜、タラの芽を食べている夢を見た。故郷の胎内市の飲み屋で同級生の仲…

  6. 出会いは突然に

    まさかの登場にドッキドキになった。こういう出会いは体に良くない。この…

  7. 元旦の朝 旧中条町本町辺り Black and …

    RICOH・GRⅢx中腰でカメラを構えた。普通に立ったまま構える…

  8. 影絵

    上空に夕闇が迫る頃、サギがねぐらに戻ってきた。岸辺のハンノキの枝先に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。