アケビの花

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3 阿賀野市

アケビと言えば秋、あの実、あの形を思い浮かべる。

花の咲いた姿を誰が想像出来よう。

「開け実」が名の由来らしいから、古人は、おそらく、たぶん、もしかすると収穫の秋・実のことしか頭になかったのかな。

アケビは漢字にすると「木通」なんでしょ(他の漢字もある)。

これだって、アケビの木質化した幹の部分を漢方にした呼び名「もくつう」であって、花を連想させる漢字ではない。

そう考えると実に切ない。

これだけ清楚で可愛い花なのに、昔の人々はナニ考えていたんだ。

日常生活に溶け込む要素を強くもっている部位ほど、その花の呼び名に充てられるケースが多いのだろうか。

だって、実は食べ物になるし、木部は漢方薬にもなるし。

風がすっかり止み陽が射してくるまで、近くに止めた車の中で待機して、光が廻ってきた時にウリャ~と撮影を開始したのでした。

もしも色の世界に溢れかえっていた平安の時代にアケビが貴族達のなかにあって密接な存在であったなら、アケビはその美しい花の色や姿から「小豆花」(あずきばな)とか「衝羽根小豆」(つくばねあずき)なんて呼ばれていたかも知れない・・なんちゃってなことを考えてしまう。

小豆色した花と薄若葉・・日本の伝統色なんだけどなぁ。

撮影情報
新発田市 5月3日撮影
RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3 開放f2.8 1/125sec

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カキドオシ

小さなスターマイン

関連記事

  1. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  2. 慈雨・濡れアザミ

    しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨…

  3. アメリカ コハクチョウ

     年明けから一度もシャッターを押していない。休みの間は午前中の早い時間のみ近…

  4. これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

    最初に見た時、ミドリヒョウモンの♂(左)とイチモンジチョウ♂、男同士しかも異…

  5. ツルシギ冬羽

     野鳥達の春の渡りシーズン真っ盛りだ。街中で普段聞いたことが無いような綺麗な…

  6. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  7. 夏虫色のカメムシ

    こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。