アケビの花

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3 阿賀野市

アケビと言えば秋、あの実、あの形を思い浮かべる。

花の咲いた姿を誰が想像出来よう。

「開け実」が名の由来らしいから、古人は、おそらく、たぶん、もしかすると収穫の秋・実のことしか頭になかったのかな。

アケビは漢字にすると「木通」なんでしょ(他の漢字もある)。

これだって、アケビの木質化した幹の部分を漢方にした呼び名「もくつう」であって、花を連想させる漢字ではない。

そう考えると実に切ない。

これだけ清楚で可愛い花なのに、昔の人々はナニ考えていたんだ。

日常生活に溶け込む要素を強くもっている部位ほど、その花の呼び名に充てられるケースが多いのだろうか。

だって、実は食べ物になるし、木部は漢方薬にもなるし。

風がすっかり止み陽が射してくるまで、近くに止めた車の中で待機して、光が廻ってきた時にウリャ~と撮影を開始したのでした。

もしも色の世界に溢れかえっていた平安の時代にアケビが貴族達のなかにあって密接な存在であったなら、アケビはその美しい花の色や姿から「小豆花」(あずきばな)とか「衝羽根小豆」(つくばねあずき)なんて呼ばれていたかも知れない・・なんちゃってなことを考えてしまう。

小豆色した花と薄若葉・・日本の伝統色なんだけどなぁ。

撮影情報
新発田市 5月3日撮影
RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3 開放f2.8 1/125sec

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カキドオシ

小さなスターマイン

関連記事

  1. 健気に咲く小花にホロリとなる

    切ないほどパッと花開いてくれていた。寒さのあまり頭を垂れてい…

  2. 冬のメジロ

    過去写真 初掲載休日は女房そっちのけで野鳥撮影に没頭していた頃の写真…

  3. サンカヨウの花

     きれいなサンカヨウの花だった。清楚な姿にハッとなると同時にスーッと疲れが抜…

  4. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  5. たんぽぽの綿毛

    タンポポンの綿毛。柔らかな光が欲しくて、曇り空のもとで撮ってみました。背…

  6. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  7. この時期、紫と言えば カキツバタ?

    この時期、野山へ出掛けると、身の丈目線で『緑と紫』の取り合わせが絶妙…

  8. ウスバシロチョウ

    雑記今日22日、右目の緑内障定期検診日。午前中に瞳孔を開く検査を終え…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。