静かな朝・豊かな香り:福島潟

小鳥のさえずりが微かながら降り注いでいた。同時に静かで豊かな大気が波のように揺らいで、少しずつその音を消している感じがした。

4日に撮影している。

最近はモノクロフィルムを詰め込んだカメラ(NikonF3)も携えていて、この時もリバーサルフィルムで撮影した後にカメラボディーを替えて撮っている。

持っているリコーのコンデジGRⅡでモノクロ撮影できるけど、広角28ミリレンズ(35㍉版換算)だ。標準や望遠でモノクロとなると現状ではフィルムカメラとなるわけだ。

じゃぁ、デジ一眼にすれば・・となるけど、それは嫌なんだね。

リバーサルフィルムは一発で露出を決めなくちゃならない。一か八かでシャッターを押して、それがドンピシャな露出であったりすると、心から喜びを感じる。

ピント合わせもその類だな。

そこへ最近はモノクロフィルムが加わったんだ。

モノクロフィルムの良さを知り尽くした人の話なんか聞くと現像からプリントまで全部自分でやっていて、その作業工程の中で「自分らしさを注入できる」らしい。

僕はそんなレベルには程遠いけど、それをいずれは経験してみたいなと感じるようになってしまって。

この写真、長秒撮影で湖面を刷毛のように流して幻想的な光景を作ってみたかった。しかし、減光できるNDフィルターなんかないし、第一、染まる大気がどんなふうに写されるのか疑問があった。

それでもやってみてよかったなと感じている。

このところのきになること

車の数減ったなぁ~

空が綺麗な気がするなぁ~

他県ナンバーやレンタカーが増えたなぁ~

ロックダウン必要なんじゃないの・・って

アクロス 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

紋黄蝶になった紋白蝶

母校の桜を見上げてみた

関連記事

  1. ツバメシジミ

    この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような…

  2. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  3. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求がな…

  4. 夜明けの小舟

    夜明け前は特に好きだ。眺めるのはもちろん、読むのも好き。島崎…

  5. 夢の中

     寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  6. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

  7. 遙かな福島潟

    写真は15年ほど前のもの・・と思われる。恥ずかしい話、ちょう…

  8. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。