雲上のカタクリ

2日の日本経済新聞一面トップを眺めて「ははぁ~ん、やっぱりね」となった。

日本は先進国の中で新型コロナ感染者数が他国に比べて極端に少ない。記事の中の数字は忘れてしまったけど飛び抜けて少ないんだ。

最初は感染者数の少なさに「衛生先進国・日本アッパレ!」なんて喜んでいた。

それが様々なニュースを観たり新聞を読んだりしているうちに感染者数のものすごい差に疑問がフツフツ沸いてきた。

「もしかしたら、検査自体が少ないんじゃない?」と。

だとしたら当たり前のように少なくなるよね。

そのうち何処かの保健所ではウイルス感染検査を拒否した・・なんて切腹的行動が露わになってきたし、そもそも検査キットが話にならないほど不足してるなんてことが知られるようになってきて、「こりゃあ、オリンピックの開催が背景にあるのかな」なんて様々な考えが頭を過るようになった。

そのダメ押しが2日の日経新聞だった。

ドイツと比べると日本の検査数は1/17

なんだって。

検査キットが増えるに従い感染者は比例して伸びていくよ。

医療現場の崩壊も現実味を帯びていくかも知れない。

写真のこと

春はこれからの人生で何回巡り会えるのかな・・なんて哲学的思考が膨らんできたら、カタクリさんとお目に掛かりたくなった。

暖かな午後の陽射し、出掛けてみたら、とんでもなく花びらをそり返したカタクリがアチラにコチラに足元に。

キクザキイチゲなんかもゴワ~と白が風に揺れていた。

河川敷にはアズマイチゲを見かけたな。花の形はキクザキイチゲにソックリなんだけど、葉っぱの縁が丸味を帯びたヤツ。

最初から縦位置構図にこだわっていたもんね。

それでレンズの絞り開放から少しずつ絞り込んでf8まで持っていったんだ。けれども絞り込めばそうするほど背景の煩雑さが増していった。

写真のカットはレンズの絞り値が開放に近いときのもの。

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3  3月下旬 関川村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

桃色目玉

ツイン蕗

関連記事

  1. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. ムカシヤンマとウメノキゴケ

    桜の幹にとまったムカシヤンマ。樹皮に付いた緑色した海藻みたいなものは地衣類…

  4. 好きなレンズでカタクリを撮る

    カタクリの花茎部分に的を絞って撮影してみました。と、説明すれば「何か明確な…

  5. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  6. 俺だけ見て!と言うけれど

    「後ろの仲間はいいから、俺だけ見て!」健気でか弱そうな姿にし…

  7. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。