今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今年も咲いてくれたのだから「此処の主」になったのだろうと感じて嬉しくなった。

昨年はうつむいた状態だったから撮っていない。

今回はウリャ~と叫び声が聞こえるぐらいに背伸びしていた。

どんだけ成長したのか判らないけど、確かにアンタは息づいていた。

すくっと立ったその姿、会った瞬間に「久しぶり」。

嬉しかったですねぇ~

「こりゃあ、羽黒の妖精だね」

心の中で呟いたんだが、たまたま通り過ぎた孫を連れた爺さんが、この清楚な花を眺めて「妖精だ」なんて言ったもんだから、オイラはビックリ(羽黒とは胎内市羽黒地区の地名のこと)。

写真の背景

当然ですが三脚を立てている。

自分の影が画面に入ってしまうのを嫌ったが故にこのような画角になった。露出は背後の沈んだ土壌や枯葉が気になったがカメラの出目数値のまま、もしくは若干アンダーでのぞんでいる。

それよりはピントの置き場所に最後まで悩んでいた。

最初のカットは右下手前のシベに。それをかなりの枚数撮って、一度時間をおいて、後ろ左の花のシベにピント位置を移動させ、さらに右上の花のシベと変えている。

写真は右上の花のシベ。

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 胎内市 3月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

黄連の花

新川漁港

関連記事

  1. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  2. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  3. 陽を浴びるカタクリ

     今季5回目。鷹巣キャンプ場。辺りを散策。陽の光が林一面に降り注ぐ。待ちわび…

  4. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  5. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  6. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  7. 三角関係

    鷹巣キャンプ場にカタクリの花を撮りに来た(31日の話)。26日の月曜日、一…

  8. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。