今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今年も咲いてくれたのだから「此処の主」になったのだろうと感じて嬉しくなった。

昨年はうつむいた状態だったから撮っていない。

今回はウリャ~と叫び声が聞こえるぐらいに背伸びしていた。

どんだけ成長したのか判らないけど、確かにアンタは息づいていた。

すくっと立ったその姿、会った瞬間に「久しぶり」。

嬉しかったですねぇ~

「こりゃあ、羽黒の妖精だね」

心の中で呟いたんだが、たまたま通り過ぎた孫を連れた爺さんが、この清楚な花を眺めて「妖精だ」なんて言ったもんだから、オイラはビックリ(羽黒とは胎内市羽黒地区の地名のこと)。

写真の背景

当然ですが三脚を立てている。

自分の影が画面に入ってしまうのを嫌ったが故にこのような画角になった。露出は背後の沈んだ土壌や枯葉が気になったがカメラの出目数値のまま、もしくは若干アンダーでのぞんでいる。

それよりはピントの置き場所に最後まで悩んでいた。

最初のカットは右下手前のシベに。それをかなりの枚数撮って、一度時間をおいて、後ろ左の花のシベにピント位置を移動させ、さらに右上の花のシベと変えている。

写真は右上の花のシベ。

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 胎内市 3月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

黄連の花

新川漁港

関連記事

  1. アメリカ コハクチョウ

     年明けから一度もシャッターを押していない。休みの間は午前中の早い時間のみ近…

  2. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  3. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  4. ミツガシワ

    阿賀町・たきがしら湿原5月21日に撮影している。この時点ではちょうど…

  5. 月の山のカメムシ

    胎内市・白鳥公園 森敦の小説『月山』、舞台となる鶴岡市の山懐深く注連寺の庫裡…

  6. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  7. 裏葉色と朱色

    『裏葉色』、『朱色』ともに日本の夏の伝統色。因みに「新潟の夏のにおいは?」…

  8. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。